2014年09月23日

研修の御案内

研修会のお知らせを致します。

《第三回 地域ケア研究会》
主  催:豊平区在宅ケア連絡会 エーザイ株式会社 他
開催日時:平成26年10月4日(土)18:20(受付18:00)〜20:45)
開催場所:北海きたえーる(2階 講堂視聴覚室)(豊平区豊平5条11丁目1-1)
定  員:200名(参加無料)対 象 医療福祉専門職者他

テーマ:東日本大震災から学ぶ地域連携 
◎開  会:(18:20〜)

◎講  演:(18:30〜)「薬をつぶす危険性と高齢者に優しい剤形」
   昭和大学薬学部 社会健康薬学講座地域医療薬学部門 主任教授 倉田 なおみ 先生

◎特別講演:(19:00〜)「石巻医療圏における東日本大震災への対応と次への備え」
   東北大学病院総合地域医療教育支援部 教授 石井 正 先生
◎ディスカッション:(20:30〜)
◎閉  会

☆特別講演の石井正先生を御紹介いたします。

2012年2月、宮城県災害医療コーディネーターへの着任直後、東日本大震災。
石巻市は様々な機能がマヒした中、「石巻医療圏」22万人の命は氏に託された。
状況不明の避難所300ヵ所、減らない大量の急患数…かつてない巨大災害に、空前の大組織「石巻圏合同救護チーム」を指揮して立ち向かい、地域の医療崩壊を救った。

☆○地域ケア研究会とは?○☆
「地域包括ケア」が求められる昨今、地域において多職種、多職能団体等が実際にどのような形や仕組みでそれらを実践していくかについて今まさに問われています。そんな中、一昨年に発生した東北、関東を襲った東日本大震災。この時に介護や医療等の現場では実際に何が起きたのか。単に震災の悲惨さを「聞く」だけではなく、我々の身近において「今から」でも取り組まなければならない「地域での連携」についての必要性や具体的実践方法、そして実際に「我々に求められる事とは何か」という点について学ぶ一つの機会として、一昨年「地域ケア研究会」を立ち上げました。
「地域連携」って言葉は誰もが頷く言葉。しかしながら具体的な方法論を論じなければ、まさに机上の空論に終わってしまいます。
 「明日、大震災があります」と、もしも予告された場合、どのような準備が今、必要か。
 「準備万端です」と答えられない現実がもしあるならば、その解決への一助になることを期待しています。

なお、石井先生は当時の模様の本を出されておりますので御一読を!!

posted by 管理者 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

こども御神輿

タイトルの「こども御神輿」。

パソコンだから書けますが、自筆となると「おみこし」ってなっちゃう。

まあ、そんなことはどうでも良い話…

さて9月17日はこども御神輿が施設の前の駐車場まで来て下さいました。
入居者の皆さんも心待ちにして玄関前で待機します。
そんな中、太鼓の音色がだんだんと近づいてきます。

色とりどりの法被とともに大きな御神輿が目に飛び込んできました。

お賽銭を手にした入居者は、賽銭箱に5円をいれます。

そして来て下さった子供たちには、お菓子をそれぞれに手渡します。
508.JPG

子供達との関わりというのは、入居者にとっても刺激のある事ですが、それ以上に、小さな頃から子供達自身が高齢者と関わりをもち、いつか「介護職員」としてこの仕事に携わるきっかけになってくれることを期待します。

高齢者の介護現場へのマンパワーは確実に2015年、2020年問題に対応できにくい人口構造にみまわれ大変な問題を抱える事が予測されます。

しかも介護系の学校に入学する若者自体も減ってきている現状です。

いかに若いうちから高齢者と接する機会を増やすかが、日本の高齢者対策には絶対的に必要な事。

先日も、テレビで取り上げていましたが、大牟田市方式とよばれる対策を、全国規模で取り組む必要があります。(これらの件については後日)

話を戻して…

施設入居者の為に、昨年までの御神輿の移動距離を少し伸ばしてもらい子供立ち並びに関係者の皆様本当にありがとうございました。

感謝感謝です。

511.JPG517.JPG
posted by 管理者 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敬老会

先日の9月16日は敬老会を開催いたしました。
この日を迎えるために、行事委員が中心となり一生懸命準備しておりました。

ふる里えにわの入居者の皆さんの平均年齢は、84.5歳。
最高齢は98歳、一番下で62歳です。

今回の敬老会では、米寿対象者の方への記念品贈呈をメインに、民謡や職員出し物、そして近所のなのはな保育園の園児の皆さんが歌を披露してくださいました。



来賓として、原田恵庭市長、そして船田保健福祉部長もお祝いに来てくださいました。
399.JPG


今回の米寿対象者は、4人でした。職員が選定したそれぞれにとって必要な物をプレゼントされました。
389.JPG

民謡友の会の皆さんも素晴らしい声量のもと、素敵な歌声と演奏を披露してくださいました。
407.JPG

近所にあります、なのはな保育園の園児の皆さんも元気に歌と踊りを披露してくださいました。

446.JPG


職員もこの日の為に合唱を。

466.JPG


当日は多くの方々がお見えになりました。
会の最後には、理事、そして評議員の皆さんからもお祝いの言葉を頂きました。


施設の平均年齢としては、一般的にはまだまだ若い部類かな?
まだまだ長生きするとともに、私達に先人達の知恵を授けて貰いたいと願っております。
posted by 管理者 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

停電中のお願い

本日 9月17日(水)13:30より1時間

停電になります。


電気設備の点検による停電です。

電話、ファックスの使用が出来なくなります。

御不便お掛けいたしますが宜しくお願い致します。
posted by 管理者 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

じゃがバター

先日、施設の畑で植えていたジャガイモを掘ってみたくなり苗の4つ分だけ掘り起こしてみました。

ジャガイモは花が咲き、枯れた頃には掘り起こす一つの目安と言われています。
(近所の方の口コミ情報)

ちなみに、職員にジャガイモはジャワ島のイモだからジャワイモ、それが変化してジャワイモ、ジャワイモ、ジャガイモ…になったと言う話をしても、信じてもらえなかった。


トマトやきゅうりなど、土の外で収穫できる作物は解かりやすいですが、土の中というのはどうなっているかはみるまで安心できません。
もしかした、大きくなっていないのでは…なんて悪い事を考えたりも。

勢いよくひとつ引っこ抜いてみます。

よく「イモずる式」などとの言葉どおり芋は地中にある「茎」で、掘り起こすとボロボロと連なって出てくるものですが、うちの芋は連なって出てこない…

土の中に芋だけが残され、まさにイモ堀をしなくてはならない感じに。

二つ目も、同じです。

なかなか、よくあるいい映像のイメージどおりにはならない。
(私のイメージでは、引っこ抜いたら沢山身が付いた状態でくっついているモノ。ワカサギ釣りで何匹も仕掛けにかかっているイメージ)

大きさは多きいいのが少しと小さいのばかり。まあ食べられないおおきさではありません。

さっそく厨房に持ち込み調理しじゃがバターで試食。

やはりとれたては美味。



近々、収穫してみます。
入居者の皆さんと本格的な収穫祭。

枝豆もそろそろです。





posted by 管理者 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。