2014年09月03日

寄附金、寄附物

ココ最近、御近所の方々が、「寄附物」を持って来て頂くことが多く大変感謝しております。

社会福祉法人では寄附物についても収受簿を作成し記録させていただいております。

夏祭りの際にも、多くの皆様から頂き物がありました。

感謝、感謝です。

当方人の理事や評議員の皆様からも多くの寄附金、寄附物を頂いております。

感謝、感謝です。

後日、まとめて公表させて頂く予定です。

posted by 管理者 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花火

先日の8月27日に、急遽、施設前駐車場で花火をする事に。

事前に御近所さんにあいさつ回りをすませ、開始の時刻、18:45を迎えます。

この時期だと、大分薄暗くなり、暫くすると真っ暗になっちゃいます。

車のライトを照明にして、入居者それぞれが手持ち花火を持ち夏の終わりを感じる一つの機会に。

打ち上げ花火も多数買い込みました。

残念なのは私の好きな、落下傘が無かった事。
昔は花火大会といえば落下傘。落下傘と言えば花火大会。

なかなか売っていないから残念です。

打ちあがった花火から舞い降りる落下傘を目当てに空を凝視した記憶があるのですが、ここ数年落下傘自体を見ません。

私が高齢になり、かつての思い出の、そして体験を追体験させてくれる将来の介護職に私は言いたい。

センター方式シートに「花火には落下傘」と記載しておいて下さい。



入居者がこれまで自宅で生活していて、何らかの事情で自分らしさを貫けない状況になっても、各種社会資源、とりわけ、入居施設は、それまでの生活を「継続」させられるよう支援する事が求められています。

単に、入居者を施設に合わせるかつてのやり方ではなく、施設が入居者に合わせていくことが求められ手います。

「こんなことは当たり前じゃん」なんて思う方も多いかとおもいますが、多くの現場では、パンフレット、謳い文句はたいてい「その人らしさ」です。

しかしいざ、ふたを開けてみると「施設のやり方」「職員の都合」などでそれらに合わせてもらう支援をしているのが実情。

テスト問題で出題されたら、「入居者中心」を選択。
現実問題での多くの発想視点は、「職員中心」。

ココの部分を変革しなくては良質なサービスはなしとげられません。

「してやっている」発想から脱却し、「その方のこれまでの生活の継続」が出来るよう支援していくことに。


花火は一瞬でおわりますが、それら記憶や体験、思い出はなかなか忘れられないものです。
入居者の皆さんにどのような思い出を残して貰うかは、関わっている我々介護職にかかっていますね。


posted by 管理者 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祭りの後

祭りの後…施設があるここ島松は、台風の接近の影響なのか、強い風。

この影響は、祭りの翌日にはっきりすることに。


そうです。施設横の畑がひどい有様に…

トマト、そしてきゅうりが倒壊しておりました。

支柱が倒れ横倒しになってしまいました。

なんとか復旧させましたが、さすが風が強い町島松!
近所の方々も、通りすがりに声をかけてくださりますが
農家が多い土地柄、自然に対する受容もどっしりしている感じ。

「自然には逆らえない」

まさにそのとおり。

多くのトマトが落下しちゃいましたがまだまだ、収穫はこれからです。

posted by 管理者 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふる里えにわ夏祭り

天候に恵まれた夏祭り。

職員が事前に準備していた成果が試されます。
また、入居者の皆さんもポスター作りや短冊作りなど準備に余念がありませんでした。

開会は、恵庭市長の挨拶に始まり、
恵庭でも大活躍のjohnさんとマーチンさんによる演奏。
ボランティアで駆けつけてくれました。

民謡では、炭坑節、秋田おぼこ、北海盆歌など、おなじみの楽曲を職員他ボランティア
の方々が披露してくださいました。

入居者の方の歌や、各階入居者職員による出し物などなど…


今回のお祭りには、約60名のボランティアの方々が駆けつけてくださり、準備段階からの参加や当日の後片付けまで多くの方々の御協力無しでは開催する事ができなかったお祭りでした。

多くの方々に、「ふる里えにわ」を知っていただくというコンセプトのもと、多くの方々に支えられている事を改めて実感させていただきました。
posted by 管理者 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

天候は…

さてさて、その夏祭りですが、

8月上旬の天気は、不安定で様々な天気予報を見ても、雨マークだったり、曇りマークだったりと日々、時間帯によっても大きく変動したりします。雨で助かる事は、施設の菜園に水を撒かなくて良い事くらい。
祭りには天気の心配は付いてまわります。

天気を変える力はありませんが、「晴れる」と信じこむことだけが唯一できること。

まさに、「信は力なり」


晴れました。

当日は、朝早くからボランティアの皆様が来てくださり、施設駐車場では会場づくり。
鳴子会の皆様や、関係業者さん、職員関係のボランティア、地域のボランティアの皆さんが祭り成功の為に力を貸してくださりました。

おっと、本業に戻ります。続きは後程…
posted by 管理者 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする