2014年09月22日

こども御神輿

タイトルの「こども御神輿」。

パソコンだから書けますが、自筆となると「おみこし」ってなっちゃう。

まあ、そんなことはどうでも良い話…

さて9月17日はこども御神輿が施設の前の駐車場まで来て下さいました。
入居者の皆さんも心待ちにして玄関前で待機します。
そんな中、太鼓の音色がだんだんと近づいてきます。

色とりどりの法被とともに大きな御神輿が目に飛び込んできました。

お賽銭を手にした入居者は、賽銭箱に5円をいれます。

そして来て下さった子供たちには、お菓子をそれぞれに手渡します。
508.JPG

子供達との関わりというのは、入居者にとっても刺激のある事ですが、それ以上に、小さな頃から子供達自身が高齢者と関わりをもち、いつか「介護職員」としてこの仕事に携わるきっかけになってくれることを期待します。

高齢者の介護現場へのマンパワーは確実に2015年、2020年問題に対応できにくい人口構造にみまわれ大変な問題を抱える事が予測されます。

しかも介護系の学校に入学する若者自体も減ってきている現状です。

いかに若いうちから高齢者と接する機会を増やすかが、日本の高齢者対策には絶対的に必要な事。

先日も、テレビで取り上げていましたが、大牟田市方式とよばれる対策を、全国規模で取り組む必要があります。(これらの件については後日)

話を戻して…

施設入居者の為に、昨年までの御神輿の移動距離を少し伸ばしてもらい子供立ち並びに関係者の皆様本当にありがとうございました。

感謝感謝です。

511.JPG517.JPG
posted by 管理者 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敬老会

先日の9月16日は敬老会を開催いたしました。
この日を迎えるために、行事委員が中心となり一生懸命準備しておりました。

ふる里えにわの入居者の皆さんの平均年齢は、84.5歳。
最高齢は98歳、一番下で62歳です。

今回の敬老会では、米寿対象者の方への記念品贈呈をメインに、民謡や職員出し物、そして近所のなのはな保育園の園児の皆さんが歌を披露してくださいました。



来賓として、原田恵庭市長、そして船田保健福祉部長もお祝いに来てくださいました。
399.JPG


今回の米寿対象者は、4人でした。職員が選定したそれぞれにとって必要な物をプレゼントされました。
389.JPG

民謡友の会の皆さんも素晴らしい声量のもと、素敵な歌声と演奏を披露してくださいました。
407.JPG

近所にあります、なのはな保育園の園児の皆さんも元気に歌と踊りを披露してくださいました。

446.JPG


職員もこの日の為に合唱を。

466.JPG


当日は多くの方々がお見えになりました。
会の最後には、理事、そして評議員の皆さんからもお祝いの言葉を頂きました。


施設の平均年齢としては、一般的にはまだまだ若い部類かな?
まだまだ長生きするとともに、私達に先人達の知恵を授けて貰いたいと願っております。
posted by 管理者 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする