2017年04月06日

聴くという事

認知症ケアのお話・・・

聴くことってどれくらいしているだろうか。

尋ねる事を「聴くこと」って勘違いしてしまうことも

相手の問いや訴えに対して、「対応策」を考え、それを伝えようとする事は、

「聴いている」ことになるかどうか

例えば、
「お金がない、盗られたかもしれない」との訴えがあった場合、

『誰も盗りませんよ』『最初からお金などありませんよ』

と、伝えることは、話を「聴いた」と言えるか。

認知症ケアの基本は、認知症に限ったケアではなく、当たり前のケアであり、普通の事。

特別視したケアはうまくいくこともあれば、いかないこともある。
「聴くこと」に徹するとうまくいく確率が高まる事が経験上わかる。


当たり前の、「聴く」事の技術を、実践的に学ばないと、実際の場面ではほとんど使えていない事が多い。

「聴く」なんて、知ってるよ、やってるよって思うかもしれないが、
多くの場合、対応策を投げかけていることが多くはないだろうか。

うまくいかない原因の多くはそこにあるのに気づくと、少し気持ちが楽になる。

posted by 管理者 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結果が出ない

日ハムの斎藤投手の勝利ならず・・・ニュースを見ると切なくなる。

毎年、背水の陣としてマウンドに向かうが、結果がついてこない

そんな介護職員はいる。

頑張っても結果がついてこない。

でも、努力している姿は人に伝わるものだ。
介護は資格や、経歴、声の大きさでやるものじゃあない。

要は、利用者から選ばれるのかどうか、で決まる。

利用者から選ばれない者は、ダメなんだと思う。

利用者はエネルギーを察知する。

思いは確実に伝わる。
良いことも、悪いことも・・・

ちなみに日ハムの事は地元なんだけど正直、そんなに興味がない・・・
興味があるのは、土曜日やってる日高晤郎ショーが日ハム戦で短縮される事。

どうなる日高晤郎ショー!



posted by 管理者 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お役御免

短期入所の男性利用者Qさんと方と一緒に、

冬期間大活躍してくれた除雪機をしまいました。

今後の降雪もないことからついにお役御免。

久しぶりにエンジンをかけて操作し移動。

男性の方が歩くのが早く見えなくなります。

転倒しては困るので除雪機を一旦エンジン停止し利用者のもとへ。

利用者Qさんは草木を眺めながら、「春だな」と。

数分後、除雪機を見て、「これ今日使うのか」と。

(春って、いったばっかりでしょう・・・)
posted by 管理者 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏?

20170406_082155.jpg本日も5月並の暖かさ

朝からすでに眠たくなります
 
posted by 管理者 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする