2017年04月17日

送迎車転落!!

本日のテレビで愛媛県でDSの送迎バスが横転したとのニュースが。

最近この手のニュースが多い感じ。

高齢者7人と職員ら合わせて10人が乗っていて、そのうち9人がけがのため病院に運ばれたとの事。

その運転手の方の年齢はなんと71歳。

乗車していた利用者にも同い年の方がいるよう。

高齢者の運転手が悪いなどとの感想ではなく、DSを利用してもおかしくない年齢にもかかわらず仕事としてまだまだ頑張っている事を評価したい。

最近は高齢ドライバーの事故が多発し、問題になっているさなかですが、これらのニュースでまだまだ現役で働ける方たちが適正な能力がありながらも年齢だけで差別されるような世の中になってはもったいない限り。

我々もSSで利用者宅へ送迎に伺うものですから、他人ごとではありません。
運転のプロではない中、雪道、とりわけブラックアイスバーンなど、利用者を乗車させて走行するのは地味にストレスがかかっていたりします。

ただ、DSの場合、送迎時間が少しでも遅れると、最後にお迎えに上がる方への自宅への到着時間が大幅に遅れるといった事態にもなるため、時間に追われる仕事は大変なはず。

今回、軽症で済んだ様子ですが、一日も早い利用者と運転手さんのサービス再開を祈念しております。
posted by 管理者 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土づくり

人体は不思議なことに、血液や細胞内のカルシウムが不足すると、それを補おうと、人骨のカルシウムを溶かし血液中に放出し、適正にカルシウム濃度を保とうとする働きがあります。

しかし、血中に過剰なカルシウムは血管壁に付着し、動脈硬化を引き起こしたりもします。
カルシウム不足が、カルシウム過多を引き起こし、多大な人体に影響を及ぼすといった、なんとも意味の分かりにくい仕組みに。

ちなみに、畑に消石灰を撒いておきました。
20170417_182223.jpg
消石灰とは、水酸化カルシウムの事。

畑にも適度なカルシウムが必要です。
化学が苦手な私ですが、酸性雨により酸性の傾向となっている土壌に、消石灰を混ぜ合わせることにより、作物が好むphに近づけていくもの。多くの野菜などは中性からアルカリ性の土壌で育ちが良いとされているため。
20170417_182932.jpg
↑消石灰を土に混ぜた後

カルシウムが多すぎるとphが強いアルカリ性となってしまうため適度な分量が大切。

野菜作りの大半は「土づくり」にかかっています。
石灰は作物を植える2週間前に撒くのが基本と言われています。

先人たちの知恵ってすごい事ですね。
posted by 管理者 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手摺取り付け完了

先日、工事修理していました、手摺工事が完了しました。
20170417_152347.jpg
完成



門を曲がった場所のため、ついつい、ぶつかりやすいところでした。
丁度、食事の配膳車が手摺にぶつかったことにより手摺が緩く外れ気味になったというのが経緯ですが、

緩んだ手摺は危険なため、取り外してわかったことですが、
壁の裏の下地がしっかりしていませんでした。

なんともお粗末すぎる・・・

posted by 管理者 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の陽気

20170417_082144.jpg

今日も暖かい陽気です。
posted by 管理者 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする