2017年06月21日

便が・・・

最近のお宅には自動的に便器の蓋が上がる機能付きのトイレが普及してきている。
自動的に水を流す機能も当たり前に。
その機能に慣れないと蓋を強引に閉めようとしたり、すぐに水が流れないと不安になり座ったり立ったりの動作を無為に繰り返したりも。

しばし、介護現場で見かけるのが、認知症と診断された方でも、かつての行動習慣などが継続されている例。

その中に、ドアを閉める行為は特徴的な事の一つ。
玄関ドアが自動であるにもかかわらず開ききったドアを無理やり手で引っ張り閉めようとされ頑張る光景。時には、エレベーターの自動ドアも閉めようとしたりも。

介護職にとっては『それ自動ですから大丈夫ですよ』と、自身の望む動きがスムーズに行われないなどの場合ついつい無駄に時間がかかりイライラしてしまう場面だったりしますが、本人にとって残された機能としてそれらも大切に保持してもらいたいもの。

かつての生活スタイルの中とマッチしない建物構造は入居利用者を混乱させてしまう要因の一つにも。「ドアは開けたら閉める」「開きっぱなしはダメ」との価値観や風習、習慣を新しい生活の場所でも「継続できる」よう支援する事が世間でいうところの「住み慣れた暮らしの継続」であり、単なるパンフレット上の美辞麗句に終わらせてはならない事。

出入口は基本、入居利用者が主体的に先に出入りしていただくよう支援し職員が後から出入りすると、主体的でしかも時間がかからない。

食堂椅子についても言え、必ず椅子から立ちがった際に、律義にテーブルに押し込む動作をされたりも。この動作も暖かく見守る事も支援である。


自動で水が流される機能付きトイレで検便検査用の便を採取するときは困るだろう・・・
また、便の形態や色など、趣味ではなく、健康管理の指針としている場合なども困るだろう・・・

便利なモノは時として、不便にさせる事がある。
posted by 管理者 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ふる里えにわ7不思議B見合わない大きな金庫の怪・・・

ふる里えにわの7不思議シリーズ
20170619_195619.jpg

多くのゆとりがあるわけではない法人資産・・・

資金は基本銀行に預けており、日々の小口のお金があるだけ・・・
にもかかわらずこんなに厳重で、大きな金庫・・・
盗られるような現金がない・・・

強盗にとっても入っても後悔か怒りを覚えるレベルか・・・

沢山の現金や金の延棒、株券、権利書、宝の地図などがあればこの金庫に釣り合うのですが・・・
全くありません・・・

開けるときにはワクワク感がありますが、
開けた途端ため息が出るくらいの無駄に大きい容量・・・

場所だけとってます。人の手では動きません・・・
邪魔なくらいスペースをとってます・・・

何十年後かに思い出のタイムカプセルを忍ばせてく置くくらいか・・・



posted by 管理者 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 7不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の一コマ

毎朝の体操風景

1497871501232.jpg

立って行う人も、座りながら行う人も、眺めている方も・・・
posted by 管理者 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんたケチだね・・・

夕方、食堂でのお話。
実習生がお盆を片手にお茶を各テーブルに配膳している。
ちょうどその時間、4か所のテーブルのうち2テーブルには入居者は席に座っていない。

その光景を眺めていた入居者Qさんが同じ席に座る入居者に話しかけている。

Qさん「座っていないところにお茶配らないで、座ってるこっちに配れば良いのに、おかしいんじゃないかい」と

また、お茶が配られたら配られたで
Qさん「お茶だけ配って、お菓子の一つもないのかい、ケチだねぇ〜ここは」と目をとがらせている。

『お茶は熱めの方が好きだと思って、最後に持ってきましたよ』
『私もケチだなぁ〜て思ってます。Qさんの傍にずっといるのにいつまでたってもお菓子が出てこないので。おかしいかな?お菓子だけに』

Qさんは笑顔で「何おかしなこといってんのさ」と。




この仕事をしていて嬉しい事は感謝の言葉を直接耳にすること、というのが介護職にとって一番多い意見だと思う。様々な職種の中でも圧倒的に「感謝される」喜びを感じるのが、医療系だったり、介護系の職業だと思われる。

お店に入ってレジの店員が『いらっしゃいませぇ〜』などと声を掛けても多くの来店客が無言を貫いている(ちなみに私は、ついつい反応して応えてしまう)。店員も多分返答など求めてもいないはず。
そして、お金を払うお客さんが『ありがとう』などとの言葉を発する事もなかなかないだろう。

介護現場の場合、求めていなくても多くの場合、「ありがとね」と、お金を払う側の入居者から感謝の言葉を得る事が非常に多い。


口に出る言葉が、「いつもすまないねぇ」「ありがとう」などとの感謝の言葉だけではなく、時にはめげそうになるような言葉を介護職員に発せられることもしばしば。
しかし、そこで言い返して口喧嘩してしまったり、言葉や態度で圧力をかけたりするのはプロとは言えないず、いわゆる身体拘束や虐待になりかねず、下の職員から手本となる人材にはなりえない。

だが、一人になり、帰りの車の中で思い出し、へこたれてしまいそうになることもあるのが介護職員。
ぐっと耐え忍んだり、気持ちを昇華させたり、リセットするなどし怒りのコントロールを行っているもの。

認知症が重度高度になるにつれ一つの光景を眺めても思いを口に発する事をしなくなったり、無気力に映ってしまったりと、なかなか自身の思いを発する事が少なくなってくる。
発する事が出来ない方だと、その方の思いをくみ取るのに一苦労も二苦労も。
発してくれるのが、例えそれが憎まれ口であろうとなかろうとニーズやデマンドを知るうえでどれだけ楽になる事か。言葉を発してくれるのはありがたい事。

もしも気管切開し、寝たきりとなり、意思の疎通がままならない状況の入居者にとっての「ニーズ」や「デマンド」を理解するってなかなか難しく、ついつい職員本位のとらえ方にもなりかねない。

また、コミュニケーション技術で、それら苦言をいかに笑いに変えられるかも専門職者としての技量と言えるだろう。

決して、大リーグのイチローのようにヒットを日米通算で4000本打ったとか、王さんがホームランを800本以上打ったとか、数字に変えられない凄さの評価が、介護職員にはある。

試験問題には出てこない、介護の知識や技術とは別の、「現場力」をもとに介護職員はへこたれそうにながら頑張っている。





posted by 管理者 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

老施協の不正の裏の中で

テレビで老施協の不適切会計の話題が。

高額な飲食費を会議費として計上した話題。
最近の(そんたく)問題と絡め、政治家や官僚への接待も注目されていた。

様々な各種職能団体が自身の業界団体に有利な状況となるよう活動するのは現実的に行われているのは良い悪い別にしてよくあること。

それがわざわざ職能団体を作る一つの目的でもあるから。

団体の力が弱いと制度に左右されるビジネスからすると痛手になるのは当然。
介護報酬がマイナスに連続改定されると現場は厳しい状況に向かうのも明らか。
よって、施設団体として業界のために汗をかいてもらわなくてはならないのも事実。

しかし、今回の支出は法外すぎる印象が強い。しかも、会員達にこれら問題を無かったものにするかのように口をつぐみ、詳細を闇に葬ろうとしている姿に映ってしまう。

会員の為に行ったことだと信じたいが、
会員に間違いも含めて公開する気がない姿勢に、ガバナンスを論じる資格があるのかとあきれさせる。

次の改定に大きな影響を与えかねない。
もしも有利な改定になった場合、厚労省が世間に
そんたくを認める事を公表しているものになると考えそう。

手取り20万円いかない介護職が多いこの業界。
せめて介護職自体はそんなに飲み食いできる余裕がないことにのみ
厚労省は目を向けて欲しい。
posted by 管理者 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする