2017年06月05日

我慢の限界が近づいてきたが・・・

4月5日投稿の記事について。

いまだ結論が出てこない。

あれから2か月経過している。
恥ずかしく、事を荒立たせるのにはためらいがあるが、

備品購入には、公金が使われており、しかもその備品である「椅子」が、破損又は不具合で使用不可となっている脚数が、納入4年以内で10脚以上になっている。
 結果的に使い勝手が悪く高齢者施設において不適な商品を販売し、その後の対応について誠意が見られないことに対して違和感を感じる。

利用者が座る椅子の接合不具合があり、購入した業者に問い合わせ見解を求めたが、

商品選定を法人と行ったメーカーさんからの返答として「施設側が選定した商品」である事を理由に『業者には責任はない』とのニュアンスの返答。

商品選定の流れはこうである。

メーカーは他の高価な椅子をすすめたが、法人側はそれよりも安価な商品を選定したらしい(メーカー側の見解)。結果、法人側の意向をもとに入札商品としてリストアップされ、販売業者が落札したようである。

双方、決して壊れやすい事を想定していたはずではなかろう。
そもそも、椅子が簡単に壊れることなど誰も想定していたとは思えない。

入札当時、私は着任しておらず、それら背景はわからないが、

安物を選定したのは法人側ですから、諦めてください、と言わんばかりの事を言われ、
はい、そうですか、というわけにはいかないため、高齢者施設へ納入する専門家としての責任はないのかを問うと、

あの時、『過去の事を言っても始まらないので、対策を考える事が先決である』と述べ、「責任論よりも、利用者の為、前向きに検討しましょう」と言っていたメーカーの言葉は、2か月後以降を指していたことなのか・・・

その後、補修金額が提示されたのは1か月後の事。

一式表示での見積金額が提示されたが、その内訳が記載されていない。
根拠の不明なモノに公金を使えないために内訳を示すよう依頼すると、
再提出までに再び1か月が経過・・・。

施設としては、入居利用者はいつ再び破損するかもしれず、待っていられない為、残りの現存する椅子についてすでに自前で応急処置的補修を進めざるをえないでいる。

再提出された見積書の算出根拠に最初に提示された際にも指摘させていただいた疑問点が再びあったため再度、経過するはめに・・・

先延ばしされているのだろうか・・・
諦めるのを待っているのか・・・

法人、施設改革を目的に着任した私としては、簡単にあきらめるわけにもいかない。

メーカーとして、お客様それぞれの最適なお役立ちを、お客様の課題を解決する事を全うしてもらいたいものだが、何か事情があるのだろうか・・・

高齢者の安全と安心を揺らがせても、優先する事情とはいったい何なのか。

今週中にある一定の型をつけなくてはならないであろう。

メーカー側の専門職としてのプライドを信じたい。
アフターフォローを大切にしている会社である事も信じたい。


posted by 管理者 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その後・・・

去る5月2日、来訪時のお願いというタイトルの記事を書きましたが、実話、北海道警察から、

『5/2、札幌刑務所に服役していた40歳代の男性が出所間際に看守に対して「神奈川県相模原市の施設襲撃事件」を引き合いに出した暴言を吐いて出所したとの事より、注意喚起するように』との情報提供。

これ以上の詳細情報はなく、とりあえず「何かあったら頑張ってね」って、言われてるようなレベルのもの。

「どこかの施設を襲撃する」可能性が0ではない事から、念のためGW期間中はドアを施錠する事といたしましたが、物騒な話。
結果的にあれから1か月たちましたが、今のところそれ以上の情報もあれから届いておりません。

戦後最悪の大量殺人となったあの事件。

被害にあった施設では、犯人は玄関から侵入したのではなく、窓ガラスを割って施設に入ったようであり、各施設に対策をとるよう求められても、多くのところでは限界があるだろう。

ガラスが割れにくい素材であれば、万が一火災時など窓を割って助けようとする消防隊の救助活動に支障がありそう。

あの事件をきっかけに、一時、防犯グッズである「刺又」の販売のセールスマンが来訪したことがありましたが、100%被害を防ぐ事はなかなか難しいであろう。

それよりも、犯罪を未然に防ぐためにある程度、警戒エリアだったり、行動範囲を警察などがしっかりと把握し、防犯対策してくれることを望むしかないような気がする。




posted by 管理者 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年4月分

1か月お疲れ様です。 
「責任を取る」という言葉を聞いてどのようにするのが一番か。1退職する2坊主3給与カット4降格処分5謝罪
責任の取り方としての方法はなかなか難しいもの。1〜5どれもが「自己満足」と言われるとそのようにも思えます。
逆に「無責任」だと思えそうなことはなんとなく想像できそう。1知りません、2分かりません、3言われた通りやっただけ4前からそうでした という発言は「無責任」であり「責任がある」とは言えない事がわかりやすい。対利用者、対ご家族に対し介護の専門職者としてこれらを少なくしていく、なくしていく努力が求められます。課題があればそれらを無為に放置しておくのはいけないし、顧客から求められる人財に近づこうとする努力は常にしていかなくてはなりません。
posted by 管理者 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふる里えにわ7不思議@減らない雨具の怪・・・

ふる里えにわの7不思議シリーズ


記念すべき第1回は

減らない雨具の怪・・・




雨が降っても、天気が晴れても本数が変わらない・・・

いつも数えると、14本の傘・・・

20170605_211014.jpg

不思議です・・・
posted by 管理者 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 7不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康診断がありました。その結果・・・

5月30日、年二回ある健康診断の1回目。

職員の勤務の関係上、施設に回診車を呼んでの検診です。
当日休日の職員も職場に来なくてはなりませんが、検査項目にもよりますが一人正味30分以内で終われますから便利なもの。

毎回思う事なのですが、検便をどのように行うか。
便器にあらかじめ多めのトイレットペーパーを水に濡れないように素早く「排便」し、ペーパーが便と共に、水に沈まぬよう素早く孫の手のつまようじサイズのスティックに便を付着させる・・・

この時、大抵は便器の水に浸るものですから、検査でおかしな結果が出るのでは?と心配になる事も。

気合を入れる検査に視力検査があります。
どんどん低下する視力。

これまで気合と勘でランドルト環の空き具合を予想していましたが、最近メガネを新調したので気軽に検査を受けましたら、「もう一度受けますか」との質問。

結果を見るとびっくりしました、過去最低の結果に。
いかに、今まで気合と勘に助けられていたのかと痛感。

腹囲計測の検査も嫌なもののひとつ。

かつて、TVジョッキーに出演し披露していた竹中直人の「笑いながら怒る人」の芸の如く、
「息を吐きながらお腹をへこませる」芸を披露するもあまり効果がなかった・・・


健診から数日後、ある職員が、私に相談してきました。日頃から食が細く、1年前と比較し2sも体重が減ったとの事。

「施設長、相談なんですが、どうしたら太れますか?」との質問・・・

『食べろ』と一言だけ伝えました。







posted by 管理者 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花見

去る5月の8日から13日までの間で、お花見に行ってきました。
場所は、車で桜が咲いているルートを経由し道の駅へ。

なかなか全員一緒という事はできませんので1週間かけて、極力体調不良者以外全員が参加できるよう調整。

恵庭の道の駅は、普段から来場者が多く人気のスポット。

「花のまち恵庭」をうたっているだけあり、色とりどりのお花はもちろんですが、
やはり新鮮な農作物も有名。

ゴールデンウィーク時期になると、駐車場に入るのにも時間を要する賑わい。

なかなか天候が不安定で気温も20度前後で晴れていても風も強く肌寒さが続いていましたが、
入居者の皆さんも、アイスを食べ、久しぶりの外出に笑顔を見せていました。
posted by 管理者 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ばたばたしてます。

去る、5月27日に当法人の理事会を開催し、平成28年度の事業報告、決算報告を行いました。

この理事会の資料を作るのに非常に労力がかかり、なかなかブログへの書き込みができなかったところ・・・

平成28年度の会計を締める作業と理事会の議案書を作成するのに何日もかかりました。
地域密着型特養の場合、職員に余裕がなく、大型施設のように事務長やら副施設長やら、なんやらの職員を配置するほど財政的な余裕がないため一人で何役もこなさなくてはなりません。

また、普段常勤していない理事たちにとって、事業をご理解いただくためにわかりやすく、そして理解しやすい資料を作成する必要があります。

ちなみに、社会福祉法人の場合、資金収支計算書なる書類を作成しますが、なかなかわかりづらいもの。
しかも独特な勘定科目があるため、その科目に含まれる支出が何なのかを理解するのに、社会福祉法人勤務以外の方にとっては非常にわかりづらいもの。

そんな、資料を理解しやすいように資料を作るとなると大変な作業になります。

来週は、定時評議員会の開催が予定しています。

改正社会福祉法の関係により、これまでとは違った手順等が必要になり、全国の社会福祉法人は大わらわ。
無事、定時評議員会が終わると、次には再び理事会を開き理事長の選任作業が。

理事を選任するのは評議員会ですが、理事が選任され後、理事会で理事の中から理事長が選任されます。

ちなみに、互選により理事長が決定するのですが、私が理事長に選出される可能性は0%です。





posted by 管理者 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする