2017年07月03日

激痛に耐え・・・

職員同士の雑談の中で

「昔は足が速かった」「昔は部活で・・・」など、

今更検証できないようなかつての栄光について話題の中、

『え〜信じられない』などと他者から現在の体形や容姿をもとに推察されるといった機会が多くなる。


たまに介護現場で、介助をするときなど不慣れな私としては余計な汗をかくことがたびたびあったりする。

ある雑談の中、「こんな嫌な汗をかくのではなく、気持ちの良い汗を久々にかいてみたい」との話から、仕事帰りに職員で運動をすることに。

平均年齢40オーバー。
多くの自称スポーツマン達が体育館に集い数年ぶりに球技を行うという事に。

念には念を入れての各自柔軟体操。
柔軟体操との名称も、決して柔軟とは思えないようなカチカチの体。前屈がマイナスの者も複数。

このままだと自称スポーツマンによる、自傷行為と言われかねないような自爆する光景をあちらこちらで垣間見てしまうのではといったドキドキ感の中、ミニバレーがスタート。

多くの者が不慣れなこの競技にボールをゆずりあうといった「お見合い」状態が続出。
介護も球技も、声の掛け合いが大切。

ミニバレーの他、バドミントンやバスケ、卓球など各自のペースで学生時代に戻ってのすがすがしい汗。

日頃から運動などしている職員からすると、軽い運動も私のように標準よりも20sもの重りを自身で背負っている修行を行っている者からすると、その日からすでに筋肉痛。

良い汗の代償として痛みを得たが、すがすがしさと、仕事以外で見せる職員の違った姿は大きな価値があった。

posted by 管理者 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その教官凶暴につき

週末は連日ワイドショーでは豊田議員の「ハゲー」などの音声データーの話題ばかり。また、連勝記録がどうのと14歳の快進撃についても。

運転中に罵声を浴びせられたりする話題を見て、私が自動車学校の頃を思い出した。

当時、仮免で教習車を走らせるのですが、スピードが越えると
「おい、何キロ出してるんだ」

右左折を間違えると
「おい、おい、箸を持つ手が右だぞ」

何度も間違えると
「何回言ったらわかるのよ」

などと助手席にふんぞり返られながら教官に叱責された。

当時は公道を走りながらも頭の中は怒りが頂点に近づき、

『こいつと一緒にどこかに突っ込んでやろうか』とアクセルペダルを思いっきり踏込んだことがあった。

当然、助手席の教官は慌てて助手席側にある専用のブレーキペダルを思いっきり踏込み

「殺す気か、お前今何キロ出てるのか見てないのか!」と再び怒鳴られる。

教官も命がけだったろう。私も命がけで事を起こしてやろうと思ったがやめていてよかった。(ちなみに私も含めてショートステイの送迎等での違反や事故はこれまで起こしたことはない。私自身ゴールド免許)

もしも、あの時、教官がミュージカル風調に「♪茶碗を持つ手が左手よ〜」などと馬鹿にしたような指導をしていたらやっていたかも・・・

今考えるとしっかり指導されたことはよかったと思える。
今でもその教官の名前を憶えている。
ちなみに、小学校の頃の担任の先生の名前をほぼ忘れてしまっているが。

指導は難しい。厳しすぎるとパワハラととらえられてしまう事も。

かつて長崎県の某市で遅刻を3度重ねた部下に対しての指導が行き過ぎたとして処分されたというじれのニュースを読んだ。
文面だけでは読み取れない何かがあったのかもしれない・・・

指導は難しい。
posted by 管理者 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする