2017年08月02日

二審判決の結果

7月の27日、札幌市北区で認知症グループホームが全焼し7人が死亡した火災で、業務上過失致死の罪に問われた施設の運営会社の社長に対し、札幌高等裁判所が1審の無罪判決を取り消し、禁固2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡されたニュースが。

検察側としては、火元の居間で寝起きしていた男性入居者(当然認知症)が自分で歩いて衣類をストーブに置いたことが火災の原因として、火災につながる行動を予測できたにもかかわらず安全対策を取らなかった、入居者8人のうち誰かがストーブに可燃物を置いた事によって火災となったと結びたい。

一方の弁護側は、「男性は1人で歩ける状態だったとは考えにくく、火災の原因が特定できない以上、社長の過失を問えない」として無罪を主張、当時の夜勤者がストーブの周りに干した洗濯物から出火した可能性があり、検察側が言うところの居間で寝起きしている男性入居者を含め、出火原因となるような行動をとる入居者はいなかった、と言いたい。

札幌高等裁判所の判決では「出火当時、男性がストーブの前に立っているのを見たという女性職員の証言や過去の介護記録から、男性は1人で歩ける状態だったと推定でき、男性の行動が火災の原因を作ったのは不自然ではない」と裁判長は指摘。「認知症の入居者が火災につながりかねない行動をする可能性を踏まえ、安全なストーブに交換するなど対策を怠った社長の刑事責任は軽くはない」と述べ、1審の無罪判決から逆転の有罪判決に。被告側の弁護士は上告する考えとの事。

出火原因に関わらず夜勤者が仮眠をとらず正常に業務をしていれば早い段階で火災に気づき容易に防ぐことができたと主張している事から、当時の夜勤者の女の子はおむつ交換中だったとの話が仮眠をとっておりそのために火災報知器の音を聞き逃していたというのであろうか。

新聞記事での情報しかわからず、当時の時系列での行動が不明の為、真偽については論じる事は出来ないが、冒頭赤字記載の火元の居間で寝起きしていたという男性についてだが、部屋で寝起きせずストーブ付近で寝起きしているといった現状を放置しておきながら、やけどする恐れのあるストーブを使用すること自体リスク管理が甘かったと言われても仕方がないのではないだろうか。

また、夜勤職員が正常業務をしていなかった事を理由としているが、そもそも正常業務を行うよう職員に対して管理監督する義務事態が責任者にはあるはずであろう。

まあ、誰に過失があるのかどうかを問いたとしても亡くなった方々、そしてご遺族の方々の思いはこの判決をどのように受け止めるであろうか。

1ユニット構造で2階建ての民家改修型のグループホームにおいて、そもそもがリスクが高い設定の中、石油ストーブを使用することで更にリスクを増やしてしまっているのは施設運営並びに認知症高齢者を対象としたサービスを行うといった施策は、専門家とは言えないというのが大方の見方ではないだろうか。
posted by 管理者 at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人事件について

本日、千葉の経費老人ホーム職員の准看護師の女性を殺人未遂容疑として再々逮捕されたとのニュース。
殺意については否認しているというのだが、よくもまあそんなことが言えたものだ。
 同僚に眠剤を勝手に服用させ、業務に支障がでた職員に「大丈夫、私が代わりに頑張るから」などと、とって代わって准看護師として自らの力を誇示するための行為であったと言うつもりなのか。

 もしも殺意まではないのだとしたら、混入させてどのようになるかを予見できないくらいの技量の准看護師だったということだろう。だがそのような理由は通らない。通してはならないと思う。

昨年の7月26日に神奈川県相模原市の入所者19人が刃物で殺害され、26人が重軽傷を負った事件から1年経過。逮捕された容疑者は、「障がい者などいなくなればいいと思った」という趣旨の供述や現にその後に病院に緊急措置入院となったが結果的には数日後に措置入院の要件に該当する症状がなくなったとして措置は解除され、退院し野獣は野に放たれた状況に。
結果論として警察に相談しても死者が出る結果となったことはストーカー殺人事件にも類似しているように思える。

以前にも書き込みましたが、ゴールデンウィーク中に道警より、出所間際の男性が神奈川県相模原市の殺傷事件を引き合いに出した暴言を吐き出所したとの情報提供があったが、防犯対策を促されるだけであり具体的な「守備」を誰かがとってくれるわけではない状況。

障がい者差別をなくしていく風潮を作るべき、との日本の土台について論じる事も大切であろうが、ミサイルが現に飛んできそうな状況の中で、「戦争反対」と声のみ出しているお花畑議論にも似ている。

簡単に再発防止を望まれたりするのはなんだか安易すぎる感じがします。
外部が言うのは簡単。

想像をはるかに超えたような事件が多発している感がある現代。
具体的かつ実践可能な対策方法をご教授いただきたいものです。



posted by 管理者 at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私の認識不足でした・・・」

先月、タレントのグッチ祐三さんが番組などで絶賛していたメンチカツが、実際はオーナーが自身だったと発覚し騒動になったことについて「私の認識不足でした」と謝罪したというネットニュースを見ましたが、「名前を出さず店をやっているのでフェアだと思っていた」と弁明しての事のようですが、意味が分からず読み返してしまった。

私がこのふる里えにわとは無関係を装い、ふる里えにわの事を称賛するようなもの。

自画自賛は問題がないと思っていたようですが、問題の有無ではなく、世間からせこいかせこくないかを問われているという事の認識がそもそも皆無だったという事か。

認識と言えば、介護給付費分科会において、平成27年度から始まった特養における要介護度3以上の入居制限が現在、多くの特養に空床を生み出している要因となっている事を検証してはどうかとの意見が各自治体から国に対して出ているという。

社会保障制度としての特養に対する国の求める意図は理解が出来るが、入居者を重度高度利用者のみに向けておいての現在の介護報酬では、運営自体が厳しいという認識事態国は持っていない様子。

ユニット型への転換を推奨される一方、低所得者への対策としての多床室についても求められ運営するが、あとからはしごを外されるがごとく多床室の場合には更なる介護報酬減の仕打ちを仕掛けられる・・・

まったく意味が分からない結果に進んでいる。

老施協の力が強ければよいのですが、例の不適切支出の影響はかなり大きいと想像され、報酬改定も自業自得により期待薄といった方向か・・・

現実の認識をしっかりしていただきたいものです。



posted by 管理者 at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かろうじて・・・

施設のきゅうりがなかなか順調にはいっていないです。

20170728_081827.jpg

諦めかけて手を加えず放っておいていたら・・・

こんなにも

20170730_143106.jpg

しかも、

20170802_130140.jpg

こんなのが。
長さ45センチ。
posted by 管理者 at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする