2017年09月20日

北朝鮮ミサイル発射に迎撃できる!?

ニュースをみて少し驚いた事。
北朝鮮のロケットに対する防御態勢について、
先日、防衛大臣は記者会見で地対空ミサイル「PAC3」を函館へ設置するとありました。

北朝鮮が2度にわたって発射した弾道ミサイルは、いずれも渡島半島や襟裳岬付近の上空(領空ではありません)を通過しましたが、これを受けてミサイルが今後も同じルートを飛行する可能性があるとして、迎撃態勢を整える狙いとの事。そ
「PAC3」は千歳基地に配備されていたようですが、射程距離が数十キロしかなくミサイルが通過した地域をカバーするには限界があるとの理由ですが、てっきり日本の防衛体制として、北朝鮮からのあらゆる方角からの攻撃に対してカバーされていると思い込んでいました。

予想が外れた場所からの攻撃に対してアメリカからの防御では万全ではないのか、もしくは足りない事なのか、念のためとの理由なのだろうか・・・

アメリカの空母などが日本海に駐留していますが、それらでは足りないという事なのか???
北朝鮮も、そもそもの話、もしも日本を標的にする場合わざわざ迎撃されるような場所を選ぶとは考えにくく、被害が大きくダメージが大きくなりそうな場所を選び、しかも数発発射し、迎撃できないようにするのが軍事に関する素人が考える攻撃側の思考だと思うのですが、万が一の対策はやはりアメリカ頼みなのだろうか・・・

わざわざニュース報道して自国の手の内を相手に知らしめるのも抑止力という事なのだろうか。

私はやられたくもないし、戦争も反対だが、単にやられるのを待っていたりするような現実逃避的発想は相手が責めてこないという保証がある場合に有効だと思うが果たしてどうなるのだろう・・・

総選挙までは戦争への可能性が低いと読んだ政府。

憲法改正も含め、この国の防衛論について理想論とは別に、現実的な議論も必要ではないだろうか。と、勝手に思いました・・・



ラベル:PAC3
posted by 管理者 at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6回地域ケア研究会の開催案内

来る、平成29年10月25日(水)第6回地域ケア研究会が開催されます。
そのご案内です。

場所:北海きたえーる(札幌市豊平区豊平5条11丁目1-1 地下鉄東豊線「豊平公園駅地下通路直結」)2階講堂視聴覚室・大研修室
主催豊平区在宅ケア連絡会 ←クリックしてみて、札幌市医師会豊平区支部、札幌市 
共催:札幌歯科医師会豊平支部 札幌薬剤師会豊平支部
参加費:無料
定員:300名
申込:自由参加
参加対象:不問
テーマ認知症になってからのあゆみ
        〜住み慣れた地域でのくらし〜

地域ケア研究会とは
「地域包括ケア」が求められる昨今、地域において多職種、多職能団体等が実際にどのような形や仕組みでそれらを実践していくか、という事が今まさに問われています。
そんな中、我々の身近において「今から」でも取り組まなければならない「地域との連携」についての具体的実践方法、そして実際に「我々に求められる事とは何か」を学ぶ一つの機会として、地域ケア研究会を開催。

第@回から第D回までは実際に東日本大震災における被害の状況、そしてその際の実践例を講演していただきました。平成30年度、厚労省が新しい福祉の青写真として打ち出したコンセプトが「地域共生社会」。
介護や障害、子育て、生活困窮といったジャンルに当てはめるのをやめ、困難を抱えている人をワンストップの仕組みで総合的に対応するのが狙い。
そして、必ずしも「介護する側」「される側」といった関係ではなく、本人も含めたあらゆる関係者が当事者として協働していく――。そうした考え方が軸になっています。

今回は、地域の中で暮らす「認知症の人」にスポットをあて、そこから「あるべき地域連携像」について学んでいきたいと考え講演会の開催を企画されました。

内  容
◎基調講演:18:30〜19:00(30分)
     「 認知症になったら考えること 」
  平岸脳神経クリニック 院長 及川 光照 先生

◎映画上映会:19:00〜20:35(1時間35分)
      「ゆめのほとり」 〜認知症グループホーム福寿荘〜
                        伊勢真一監督作品
 ※本作は認知症についての説明等が殆どなく、そこで暮らす方々の
 何気ない一言やワンシーンに耳を澄ませてみてください。
 観る人がそれぞれに深く思いを巡らせ、受け止めてみてください。


☆豊平区在宅ケア連絡会とは・・・札幌市豊平区において、医療、福祉等の多職種多職能団体が月1回定例会として学習会を開催しております。
「地域連携」といった言葉は最近よく聞く言葉。大切ということは誰でもなんとなくは知っています。
この言葉を具体的に、そしてより実践的にしていくために我々は何をしなければならないのか。
事業所として、専門職として、我々、一人一人が考えなければならない時期にきているのではないでしょうか・・・
豊平区在宅ケア連絡会は、豊平区内の保健、医療、福祉、行政に関わる多職種が、地域ネットワークのより一層の拡大と、互いの「人と人とのつながり」を密にした「顔の見えるより良い人間関係の構築」を図る事を目的として、月1回の勉強会(基本は第3火曜日18:30開催)の開催や、困難事例研究、サービスの利用情報、空室情報の共有などを行っております。この会に参加する事によって、「知り会えた専門職同志、仲間との連携によって利用者支援に効果が得られた」との声が一番多く聞かれます。
また、様々な講習会の企画やその準備を通じてお互いが知り合う機会となり、それが「顔のみえる関係」づくりに大きな効果をもたらしています。
特徴として、行政、医師グループ、MSWグループ、地域包括支援センターグループ、訪問看護グループ、居宅介護支援事業所グループ、老人福祉施設グループ、DSグループ、GHグループ等それぞれの部門グループ毎に幹事を配置し、その幹事を中心に部門内の各事業所間での連携の他、その各幹事間での横の連携として幹事会を開催し様々な課題解決、企画立案等連携を行っていることです。

これらの形態を1998年より実践組織化した現在、国が求める「地域包括ケア」実践手法の一つのモデルとして今後の活動について期待されています。



ご興味のある方は、是非とも参加してみてください。
                   サテライト事務局
posted by 管理者 at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漂流家族B

様々な要素を持ち合わせているこの「漂流家族」の番組。

他の大家族モノも大抵は父親が仕事を辞めてしまい家庭内がおかしくなるといった展開や子供たちがグレはじめるなどといった共通の特徴がありますが、それ以外の別の要素がこの番組には感じ取れ、しかも続編がその後観られないといったレア感がより一層興味を引き立てているようです。

話は逸れますが、ネットの配信者、「ウナちゃんマン」は著名で知る人は知るといった存在。
配信歴は結構あり、配信界では一目を置かれる存在。

個人情報を一部自らさらしたり、ネットユーザーに晒されたりしリスクを背負いながら公になっている。

配信業の他に居酒屋という店ををもっているようなのですが、営業はしていません。
毎月家賃を払い続け、営業はせず「場所を保有」しています。
「好きな時に営業する」としばし語っていますが、現実的には、飲食業は客の見込みが不安定であり、しかも仕込みとして食材の購入が必然であり、数人の来店客ではペイしないのが現実で、経費がかかるため営業せず家賃だけ支払い続け、賃借物件を有しているといった「信用」をお金で買っていると言えます。

本人曰く、営業していない店の保有があったからこそ自宅の引っ越しが出来たと述べられています。
営業して黒字にしていく手間暇と経費を計算して、営業しない事でのメリットを冷静に考えた結果であろう。

店を営業しなくても、ネット配信やリスナーの援助で生活し続ける事が出来るある意味「凄さ」があります。
これらの事も、ネット上ではアンチと呼ばれる方々より叩かれますが、このことも我々の実生活に何ら影響を受けたりしません。そもそもがネットの配信の世界は狭く、語られる話題の多くがネット配信者間の出来事などで人気を得ていたりします。

一生懸命努力しても家のローンが払えない方もいる中、あえて営業しないお店を家賃だけ払い続け保有し続ける方もいるといった十人十色感。

まあ、我々の生活に影響を受ける事としては、社会保障費関連の負担増が挙げられるかもしれませんが、直接的なモノはありません。それよりも、それら映る姿を通じて様々な事を考えさせてくれる機会を得ているのではと考えさせられます。

話は戻りますが、「移住」が収支があうのかどうかをこの番組だけで軽々に判断はできないでしょう。
それは個々のケースによるところです。

ただ、恵庭市は住みやすさは高いと言えます。収支さえ合えば、本州からの移住もそうですが、インドネシア等の外国人労働者、札幌圏からなども一度この地恵庭を体感してみてはどうでしょう。

ふる里えにわにおいても就業の場がありますので、収支があうかどうかを施設見学を通じてからでも決めるのは遅くはありませんよ。

話があちっこっち行きましたが、結局は介護従事者の募集の話で終わります。
posted by 管理者 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漂流家族A

道内各市町村のほとんどが人口の減少があるようです(恵庭市は微増ながら人口は増加している。但し、出生が少なく自然増ではないらしい。やはり自衛隊頼みの部分が大きいようです)。

 そこで恵庭市においても本州に住む方に是非とも移住してもらいたいと自治体が試行錯誤している中、この漂流家族における「移住」は多くの視聴者に移住は幻想との印象を持たれてしまう懸念はありそうですが、登場人物からの『なんとかなる』『なるようにしかならない』との口癖により、誤解はうまれはしないと思いたい。

漂流家族とは番組側が形容した言葉です。

田舎での生活の実情は、初めからわかっていたはず。

恵庭市においても、移住促進のために様々な努力を行っています。恵庭市の良さを㏚するとともに生活の基盤となる就職先の求人情報をまとめたりもしています。
ちなみに、恵庭にはあのサッポロビールの北海道工場もあります。また、(株)アレフが運営する動物と自然と触れ合えるエコロジーテーマガーデン「えこりん村」もあります。
アレフと言ってもあの!?アレフではなく、全国的に有名なびっくりドンキーを運営しているアレフです。


その漂流家族は共働きで手取り約36万。家と車のローンで手取りの半分が消えるという。
8人家族の一家の大黒柱である父親が、会社の上層部と衝突し仕事を辞めようとする。

父親は「単身出稼ぎでもなんでもする・・・」と言うが、結果的には近隣市町村に独立し就職が決まった娘や、高校入学が決まったばかりの娘たちを含め、一家全員で家のローン返済の為、埼玉に出戻り働くことを決意するのです。

 建てた家をそのままに家族全員が着の身着のままで車で北海道から埼玉に行き、そこで初めて不動産屋さんに出向き、借家を探すといった行動に。家財道具類は北海道に残し置いたままなのです。

 思い立ったが吉日、で行動する一家ですが、やはり結果的にはうまくいかない。
子供達もアルバイトなど行い家計を一生懸命助けようとするが、やがて一家の主の失業をきっかけに家庭内の歯車が狂い始めます。

 自分のプライドを守るためにやっと決まった仕事を辞めるというのです。これは大家族モノに共通しているパターンなので予定調和として観ています。

 北海道に住んでいない自宅のためのローン、そして埼玉の現住所の借家、車の返済、そして転職による収入減により、結局は自宅のローンを返済できずしかも連帯保証人に影響を与え、家を手放す展開に。

 しかも、その後に母親が失踪するといった展開に。

 テレビで一躍有名人と化した中での失踪ですから相当な覚悟と秘匿性を担保したのでしょう。

 この番組、反響が高く、その一方ネット上では外食の頻度の多さや、夫婦での喫煙、しまいには家族の容姿についてまで批判されたりしているが、計画的に行っていれば別に問題がなかったわけだと思うのですが、計画的ではないがゆえに批判が起きたりしています。そして根本的に我々に迷惑が掛かってはいないにもかかわらず批判される。これが大家族モノの宿命なのでしょうか。テレビで表現されているのはごくごく一部であり、編集の都合もあるため全容を理解できず得られる情報だけでの判断でしかできません。

 このことは、生活保護費が最低賃金を上回るといった不公平感や受給者によるパチンコ遊戯の是非議論にも少し似ているようです。
posted by 管理者 at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漂流家族@

フジテレビのザ・ノンフィクション漂流家族 〇〇家の話。

今更ですが、これはすごい興味深い番組だと思いました。昨夜たまたま観たYouTubeでの映像ですが
ビッグダディを代表とするいわゆる大家族モノ。
しかし、単なる大家族モノとは少し違う感じ。単なる興味本位のモノだけではなく、様々な事を教えてくれる要素が満載です。

夢中になって観ていたら眠りについたのが深夜2時頃。
勤務中、すごく眠かったです。

リアルタイムでの放送当時は知りませんでしたが、
番組は2部構成となっており1部は〈北海道編8年間〉、2部は(埼玉編1年間)です。
家族構成としては、当時で父さん40歳 母さん35歳 6姉妹の合計8人の大家族。

番組の流れとしては、都会から過疎化した町へ移住した家族の物語でしたが、大家族モノにありがちな家庭内での様々なドラマがあります。ただ、少し趣が違うので惹き込まれます。

2000年に埼玉から北海道にある浜頓別町の「留学」移住計画を利用して引越しをしてきます。

浜頓別町の制度の関係で3年間は町が用意した無料の一軒家に住めますがその後は、自分で家を建てなくてはならないというのがまさにローカルルール。これは降ってわいた話ではなく、移住を支援する際のもともとの条件であり、移住イコール家購入のレールが敷かれていたというお話。

少子化の現代、家を売りたい人が多くなり、かつ人口減少により家を買いたい人が少なくなるこの日本。
しかも過疎の町で、一軒家を建てる事を条件にするといった、自宅を人質に定住を担保しようとした考え方なのか。町の考え方が映像では映っていないため真意は不明。


 父親は町が斡旋の産廃業者に務めるが、季節労働の為、冬には道路交通警備のバイトをせざるを得なく、過疎化が進んでいる町である為、仕事自体が少ないようです。
住む場所はあるが働く場所が少ないのか、そもそも職種を選り好みをしているのかも不明。

 思い切って移住はしたものの、収入が少ない中、支出が大きいらしい。埼玉在住時と比較して物価が高いようで、僻地が原因とのことで野菜や魚が高いという。本州の物価を知らないが、道民としては少し不思議な感じ・・・。
また、この他に娯楽が少ないとの事でパソコンなど様々な家電製品を購入したり、見るからに車は新しそうな感じ。新車かどうかは不明ですが、支出は大家族という事も理由でしょうがなんだかんだでかかってそう。

約束の3年が近づき、家を立てる資金に2000万円が必要となりますが近隣の地元民を連帯保証人として銀行からお金を借ります。
しかし、職場で嫌な事などがあり仕事を変えたりすることで家のローンの他、生活にも影響が出始めます。ローン返済は連帯保証人にも影響が出る為一生懸命働こうとする気持ちはあるものの結果的には行動が伴わず、建てた持ち家の返済の為、安定した仕事を求め家族全員で埼玉へ戻っちゃうというのが第1部。
ラベル:漂流家族
posted by 管理者 at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風余波

昨日は台風の影響か、豪雨、雷がすごかったですが、施設周辺は特段問題はありませんでした。

ぶどうやトマトが飛ばされる被害は最小です。

posted by 管理者 at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする