2017年10月25日

ヤーコンって何か

ヤーコンをご存知でしょうか。

施設の畑で育てており、茎の高さは1m以上にもなり、ご近所の通行人から

「これは何?」と、多くの質問を受けておりました。

かくいう私も食べたことがありませんでした。

本日初収穫。

20171025_111532.jpg

土の中でこんな風に育っていました。

20171025_111543.jpg


ヤーコンはキク科に属する野菜です。

ちなみに、クイズなどで良く出されますがジャガイモは「ナス科」です。
トマトやピーマンも「ナス科」ですからイメージつきにくいです。

では、大根やキャベツは何科か。

これもよくあるクイズネタ。


さて、そのヤーコンですが、サツマイモに似ていますが、生でかじってみると「梨」そっくり。
水分もたっぷりで、甘みのうすい「梨」といった表現がぴったりくるのかも。

調理法としては、「アク」があるので水や塩水につけてあく抜きしてからが良いとの事。


ラベル:ヤーコン
posted by 管理者 at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツいただきました

先日、入居者のご家族 Y様よりキャベツを大量に頂きました。
20171025_112358.jpg
地産地消、産地直送、獲れたて野菜です。

美味しくいただきたいと思います。

ありがとうございました。
posted by 管理者 at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

その人の良さって・・・

昨日は深夜遅くまで選挙開票速報を。

台風の動向もみつつ、ボクシングの再選結果も気になりながら当確の行方を確認。

自身の選挙区と職場の選挙区を確認していましたが、世間を騒がせた候補者が次々と当選していく結果に驚きが。

様々なスキャンダルや、仕事をこなさず辞任した方や、不倫などなど・・・
応援する人がいるというのは、やはり一般にはわからない伝わらないその人の良さがあるのだろう・・・

札幌では後部座席に乗っていた1歳の赤ちゃんが事故に遭い死亡。
車を運転していた父親は呼気にアルコールが。
酒気帯びで電柱に衝突した様だが、一緒に母親とその友人も乗車していたようで、もしも飲酒して運転していたのを皆が関わっていたとしたならば全員が殺人者だ。
運転していた父親は「飲んでいない」と否認しているよう。

亡くなったその子にとっては何かしらの良さがあったのだろうが・・・亡くなってしまってからはその答えは永遠に出てこない。

希望の党の失速は、小池氏の「排除」発言とされている。
果たしてそれが原因なのか。
もともと左右共存していた組織をフィルターにかけ純粋になろうとしただけであり、
「排除」されたとされた候補者たちだって入れてもらえなくて悲しい想いなどしていないはず。
主義思想がちがうのだから、「排除」しなくても後々問題が出て空中分解していたのでは。
「排除」などというのは、自らその党に入らなかった方々に失礼な話だ。

選挙にたらればは無いが、希望の党が無ければ、立憲民主党の躍進もどうだったか。
そもそも民進党では戦えたかどうか。

野党同士の自爆がなければ数字上は勢力均衡していたが、志を異にした者同士の連立は選挙民からするとわかりづらく、単純な足し算の結果にはやはりならなかっただろうか。


今回の選挙は不思議な感じ。

ただ、どんなに不思議な候補者でも、応援し票を投じる方がいてくれるのですからそれなりに人徳があるのでしょう。

埼玉の障碍者施設の送迎車に放置された男性利用者が死亡した事故があった当日、施設内で女性職員の体を触ったなどとして、施設管理者がわいせつ容疑で逮捕されたらしい。

そこには人徳はあったのだろうか。

posted by 管理者 at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くも積もってきました

天気予報では、みぞれって言ってましたが、

もう「雪」です。

20171023_100112.jpg

来るまでの来訪にはお気を付けください。
posted by 管理者 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

その顔はピンとくるか・・・

本日は衆院選。
天候が良くないですが街中では、各学校等の駐車場から出てくる車や歩行者が目立つ様子。

投票率はもしかしたら上がるのかも・・・

こういったときは浮動票が動き大きな政党に不利になると言われている。

しかし今回の野党の政党はかつての新党ブームとは違い、勢いは下降している様子。

野党はかけもり問題を相変わらず言い、与党は無償教育、消費税・・・

介護関係者としては、来る平成30年度介護報酬改定時において、これまでH27年度にマイナス2.27%の引き下げにより多くの施設の経営状況の悪化を振り返り、いかにプラスの改定を進めてくれる議員を選出されてほしいもの。

各政党の公約をざっと、見渡しても「介護報酬のアップ」をはっきりと明記しているのは多くはないようです。
処遇改善=介護報酬単価増加をさしてはいないのです。

基本介護報酬単価をアップさせないことには、いわゆる2025年問題に対して対応できないことは明らかな事。

そんな中、ふと思ったのは、介護事業所が関係する厚生労働省の事。
どれだけの人が現在の厚生労働大臣の名前を知っているだろうか。

職業柄、意識していますが、介護職員の多くはそんなに意識する事はないのかも。
たまに、介護福祉士の登録証の下に名前が書かれているので気にする程度なのかも。

スナックやキャバクラで、山手線ゲーム「古今東西、歴代厚労大臣の名前」等とのお題は罰ゲームを誘発するだろう。
ただ、そもそもそんなお題を出すやつはモテないだろうが・・・

坂口、尾辻、舛添、長妻、塩崎氏らあたりは記憶や印象に残っていますが、その間に存在した方や現在の加藤氏になるともう顔が思い浮かばない・・・

posted by 管理者 at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする