2017年10月01日

不適切支援防止啓発ポスター 10月・11月分

1.啓発ポスター制作について
ポスター制作の目的は、啓発内容を意識してもらうこと、そして不適切な支援、虐待につながりかねない雰囲気を作らないことにあります。
掲載内容は、各階における、起こり得そうな不適切な対応をもとに、実際に撲滅させていくための警笛を鳴らす目的があります。
また、介護職員にとっては「ダメ」「しちゃダメ」だと言われるだけでは、結局は陰で、隠れて「行うだけ」であり撲滅にはなりにくく、同時に「それにとって代わる支援方法」を共有する事が大切になってきます。
製作者は各階職員が輪番制で行います。

2.ポスター掲示
2か月間

3.ポスター
10月の啓発ポスター身体拘束虐待防止委員会.pdf

10月分 座ってて.pdf10月分 座ってて.pdf

千客万来 犯人はこいつだ・・・

早朝の最低気温が一桁、それも2度や3度を表示するレベルに。

秋ですね。

ぶどうは黒みがかりそろそろたべごろの時期に
20171001_150342.jpg

私は、入居者が食する前に毎日味見をしていますが、



そのほかにも先客が・・・
穴が開いていたり、しぼんでいたり・・・こいつだったか・・・


20171001_150240.jpg

posted by 管理者 at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有事の際の異分子

衆議院選挙に向けて揺れているようです。

安倍総理も、選挙争点を消費税増税を掲げ、「教育の無償化」といったちんぷんかんぷんな政策。
「介護離職者0」対策はどこに行ったのだろうか。

今回の突然の解散、選挙は北朝鮮問題、安全保障問題、改憲問題を国民に問う選挙となるのではなかったのかと。年内中に北朝鮮問題についてある程度の道筋、結論が出されそうな雰囲気の中、米中の動向に対して日本としてどのようなスタンスをとるのかをまとめておく事が争点になっていたのではないか。

希望の党と民進党問題。

改憲、安全保障という重要なテーマに関して考え方の違う者を公認する訳がないという論理は筋道が通っている。入れなかった民進党党員が入れてくれない事を怒っていてもしょうがない話。
リベラル派でもなんでも、統一的な考え方の者同士の集まりにした方がわかりやすいと思う。

これまでの民進党、民主党が一枚岩になれず、自滅していったのはイデオロギーの違う者を数の力を優先し、重要局面で議論統一できなかったことによるものなのは明か。

今回の選挙テーマは、改憲、安全保障であるべきだった。
矛盾の中、自衛隊に国民の為に身の危険をさらさせることは避けなくてはならない。

しかし、消費税増税を教育無償化目的にするとは・・・
なんともおかしな話。せめて介護福祉と言ってくれれば・・・

可笑しいと言えば、お菓子の話。

「ソフトサラダ」というお菓子。
サラダ味ではないはず・・・サラダのような味は全く入っていません。
なぜサラダなのか。

プリッツにもサラダというものがある・・・

これは「サラダ油」にも言える。
何故、サラダの油なのか・・・

食用の油として生野菜にも使えるとの意味で「サラダ」と称しているらしい。

気にして食べる事も少ないですが・・・

ちなみにかっぱえびせんには河童は入っていません。


数の力でだれかれ構わず入党、新党結成した政党は必ず有事になった際にもめ事をおこす。
食べ物の名称では揉めませんが、国民の生活に大きな影響を及ぼすテーマには、
混じりっけなしのものが良い。








posted by 管理者 at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その画像はどうかと…

昨日参加してきた恵庭市企業就職説明会の帰り、コンビニに行き飲み物を。
モノを買うときは大抵予め決めて行きますから悩む事はないのですが、

「なんだこれ!?」

って、言う商品を発見。

それがこれ

20170930_150739.jpg

ミルクティーなのに色が透明!

ミルクティーのイメージが全く湧かない…
わざわざ透明にする努力は必要があってのことか、たまたまか…

なんだかんだ言って興味があったので買って飲むと、

ミルクティー

ただ、見た目のイメージって、購買力には重要だと思うのですが…

別に美味しいのに、なんだか残念な感じ


昨夜は札幌の中心部繁華街で火事が。
詳細を知るためにネットを検索すると、掲載されている写真の多くが
問題写真!

燃えているビルの壁には(防災設備)の文字が並ぶ会社の看板
決してその会社が火元な訳ではない、ただ、イメージが皮肉すぎる…

その写真を使わなくても…って。

何事もイメージって大切だと…
posted by 管理者 at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする