2017年11月19日

発表会見学いたしました。

11/10に、近所のいちい保育園さんへ行き、発表会前の練習を見学させていただきました。
CIMG8380.JPG
小さな子のパワーってすごいものです。
CIMG8385.JPG
入居者の方々の子供たちを見つめる目の輝きはすごいです。

年齢差80歳以上。

CIMG8406.JPG

CIMG8401.JPG

子供たち一人一人からの握手に手をなかなか離さない入居者も。

いちい保育園の皆様の見学の際の多大なるご配慮に感謝です。
posted by 管理者 at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白菜いただきました。

先日、またまた、入居者のご家族様より、野菜の寄付を頂きました。

沢山の白菜です。

ありがとうございました。感謝です。

20171116_101725.jpg

利用者の方に保存の為新聞紙にくるんでいただきました。
20171116_101717.jpg

20171119_122024.jpg
丁寧な仕事ぶりです。
これまた感謝です。
posted by 管理者 at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予防接種

先日の11/14には職員の健康診断およびインフルエンザ予防接種がありました。

予防接種は全員、健康診断は夜勤業務を行う職員が対象。

入居者の皆様のインフルエンザ予防接種は今月1日、8日、22日の往診の際に分けて実施。

次回は22日が最終グループの予定。


巷では、ワクチンが足りないといった状況の様ですから多くの医療機関では予約が必要との事です。
12月に入ると、供給が間に合うといったうわさがあるようですが、皆様ご注意を。
posted by 管理者 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営推進会議開催しました。

避難訓練と同日には、今年度第4回の運営推進会議を開催しました。

運営推進会議は地域密着型サービスの場合、2か月に1回を目安に開催が義務付けられています。

先日恵庭市からの文章では、現在までに開催していない事業所があるとの事・・・
これから3月までに年6回開催するには月1回以上開催しなくてはならなくなりますが・・・

当施設の場合、運営推進会議は奇数月の第3木曜日14時を目安に開催しておりますが、まだまだ多くの方々にご参加いただけていない現状があります。ご家族の方や地域の方々是非ともご参加お待ちしております。

1、入居状況について
平成29年11月1日現在
1、入居者状況
■性別・年齢別
平均年齢:こぶし85.2  さくら88.1

■要介護度別
平均要介護度:こぶし3.33  さくら3.50
  
2.職員状況
平均年齢:43.49歳
   職員数:35人→
・介護職員数
こぶし:12人→(平均39.67歳)
さくら:13人→(平均37.38歳)
     ※各階に産前産後休暇取得者あり。
3.事故状況(H29.9.21〜現在)
   事故6件  ヒヤリ6件
4.トピックス(H29.9.21〜現在)
〇9/21 運営推進会議
〇9/28 電気設備点検による停電
〇9/29 感染防止委員会 嘔吐物処理研修
〇9/30 恵庭市就職説明会
〇10/1 永年勤続表彰 5名
〇10/8 恵庭市防災フォーラム
〇10/9 医療法人社団慶心会合同研修 認知症
〇10/13 虐待防止委員会 自己点検
〇10/17 恵庭市成年後見制度セミナー
〇10/25 地域ケア研究会「認知症」
〇10/27 事故防止委員会
〇10/31 歌レク
〇11/5 映画 妻の病
〇11/8 医療法人社団慶心会合同研修 
〇11/10 いちい保育園 学習発表会
〇11/11 恵庭市社協 福祉祭り
〇11/14 職員健康診断 インフルエンザ予防接種
〇11/16 火災避難訓練
〇11/16 第4回 運営推進会議

〇12/15 餅つき
〇12/25 クリスマス会

5.アンケートより
6.関係者からの要望・意見・御案内事項
7.次回開催 平成29年1月18日(木)14:00〜
ラベル:運営推進会議
posted by 管理者 at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

か、火事が!!ありました!

先日避難訓練を実施いたしました。

こういった介護サービスの事業所は年に2回以上の訓練が義務付けられています。

今回は日中での火災及び災害時を想定した訓練。

大型の施設の場合は、各部屋にスプリンクラーが設置しているため、ニュースで目にするような施設が全焼するような大きな被害にはなりにくくとりあえず火元から遠く離れる事が専決事項。

施設での避難訓練では、介護職員はシフトで組まれているために、訓練当日に出勤していないと年2回の訓練でに当たらないと訓練未経験といった職員がいたりします。そして訓練時に、マニュアルの手順だけを覚えようと、自身の役割だけを考えてしまうと様々なケースに対応できないといった事も起きたりします。
また、大抵の場合非常ベルが鳴ってから動きますが、多くのケースの場合感知器が作動する前に煙を職員が発見し、その後の動きが大切になります。パニックになると火を発見してから「非常ベルを押す」事を忘れてしまいがち・・・非常ベルは当施設の場合、消防署への通報と連動式となっているために押さないと消防署に通報されないといった事態になりかねません。ここは注意点です。

さて、火元があらかじめ分かったうえで行う訓練はリアリティーに欠けたりします。
今回も職員には火元を知らせずに行いました。

非常ベルが鳴り、各階にある受信機を確認し、どのエリアに火災が発生したのかを確認します。
CIMG8413.JPG

エリアがわかったらそのエリアのどこが火元となっているのかを各部屋を捜索します。
訓練では、こんなのを火元に設置し加湿器を中に入れ、煙を演出し、これをさがすといったちょっとした宝探しのように職員が走り回ります。
20171119_112421.jpg

今回は職員が声を出し合い分担して各部屋を捜索していました。
また、鍵が施錠している部屋を想定して、しっかりと消火器の他マスターキーを持参し捜索にあったっていた職員も。(持参していない職員もちらほら・・・)
CIMG8414.JPG
火元を発見し「ありましたー」の声。
ありましたーって・・・・

まさに宝探し。

分担して探し回っていた職員は火元に集合し消火器を、
CIMG8415.JPG

基本的に感知器が作動するレベルの火災の場合は、天井まで火が到達しているという事ですから、初期消火は不能の場合が多く、既にスプリンクラーが作動している可能性も高い為、避難誘導に入る事になると思います。

CIMG8416.JPG

CIMG8420.JPG

今回の職員は、しっかりと予習していたようで基本的な動きをほぼマスターしていた様子でした。
心強い!

恵庭市消防署島松出張所の職員より総評を頂き終了。

その後、災害時における布団を活用しての階段の降り方を訓練。
また、消火器の使用法についての訓練も行いました。

担架などで運ぶ場合は、利用者の足の方が先です。
(理由は後日)

布団でくるんで階段を一人で降ろす場合は、頭が先です。

災害時などでは様々な状況があり基本通りにいかない場合がありますが、「生命」を第一にした行動が専門職者には求められます。

ラベル:火災避難訓練
posted by 管理者 at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年10月分

お疲れ様です。1か月お疲れさまでした。A「叱らずに行為を止めてもらう方法」についての話。
『動かないでほしい・・・』『じっとしていてほしい・・・』
職員の心の声は、受け手である利用者の心には「敵」「なんだか嫌な人」にしか受け止められていない事があるのかも。
「北風と太陽」のお話では無理に行わずに「自発」が功を奏すると教えています。
「ここにずっと居たくなる」「居心地が良い」と思える「環境」であればそこに長居する確率が高くなるはず。
ではそうなっているのか。なっていない状況では「座ってて」といった「掛け声」だけでは結局は徒労に終わる確率が高まるよう。
自身が振り返ってみたときに居続けたい場所や環境、ってどんなところ?どういう時?って聞かれたらどう答えるだろうか。現状と理想のギャップが無いか、そこへ近づける事への手立てを考えてみると徒労や介護負担が少なくなる確率が高まる事が新しい認知症ケアでは一般的に言われています。
posted by 管理者 at 10:54| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

降り続ける雪

昨日から雪が降り続けてます

20171119_082207.jpg

施設前はそこそこ積もってます。

来訪の際には足元にお気を付けください。

冬タイヤに交換していない車両の運転は明後日までは運転をお控えください。
posted by 管理者 at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする