2019年01月11日

平成30年12月分

1か月お疲れ様です。

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。今年は職員それぞれが自身の持ち味を存分に発揮できる1年となる事を期待しています。

その為にも単に「介護している」だけではなく、それぞれがチームの中で自身の「役割と責任」を述べられ、それを意識して実践に移していく事が重要となってきます。


「あなたの代わりはあなたしかいない」と思われる存在として、存分に力を発揮していってもらいたいと考えております。


『思ったら「やる」』『考えたら「実践する」』、前向きで充実した1年となります事を祈念いたします。
posted by 管理者 at 19:42| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年11月分

1か月お疲れさまでした。

認知症ケアのお話。

食事しない、風呂に入らない、寝ない、言うこと聞かない・・・

認知症ケアが取りだたされた1980年代頃からどこの介護現場でも悩んできた歴史があります。

多くの症状の場合、初めて目の前に出現した症状ではありません。

その為に、その対応や背景は様々ですが似たようなものについて事例集や文献など、最近ではインターネットのサイトでも調べられます。

それらにはその対応方法や考え方が掲載されていたりします。

今の時代はすごい便利です。認知症にも種類がありそしてそこには程度の違いもあったりします。

掲載内容には劇的な「魔法の言葉」や「魔法の対応」などはないとされています。


要約すると基本的な介護の実践、目線を合わせる、相手に合わせる、優しく接する、刺激を与える、といった素朴なものばかり。

目の前で一生懸命頑張っていても、結局はこれらの基本が大切という結論になるようです。

今の方法で迷ったら調べてチャレンジするのも一つの手です。
posted by 管理者 at 19:40| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年10月分

1か月お疲れさまでした。
「認知症のケア」と聞いて何を思い浮かべますか。
まさか単に認知症の方へのケア、なんて答える事はしないはずですが。

お世話と介護の違いを意識して介護にあたる事と近い話です。
認知症ケアでは基本的に「訴えがあった場合への対応」と、訴えがあるという事を予測して「事前の手立てや仕掛け」の二通りの動きが大切になってきます。

介護職として大変困る事というのが、訴えに応対するも利用者側が介護職側の言い分や思い通りに素直に従ってくれない・・・というもの。

訴えに対して都度対応するだけではなく、事前の手立てや仕掛けが成功した時というのがある意味介護職としての一つの醍醐味といえるのかも。

「お世話と介護の違いを出せた!」「私は今日、こういった手立てをしてみて成功した!」などと同僚同士で意見交換しあうと介護って面白いと思えたりします。
posted by 管理者 at 19:37| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年9月分

1か月お疲れさまでした。
9/6に発生した地震の余震が今なお続く状況の中、地震発生時の基本行動をお忘れなく。

揺れがあるときに行動すると非常に危険です。
入居者の事も大切ですが自身の身の安全(特に頭部)確保が重要です。

(1)(姿勢を低く)(2)(頭を守り)(3)(動かない)。


地震による死亡原因の大半は倒壊したものの下敷きによるもの。

また、その時の状況によりますが建物の場所により壊れやすい部分とそうではない部分があります。

柱が多くある場所(トイレや居室など)は安全性が高いです。

また、1階よりも2階が比較的安全です。火災時にはドアを閉めますが地震時はその逆です。

地震情報を素早く受信した後は居室のタンスやテレビの倒壊等の確認し、その後ライフライン(電気、水道、暖房、ガス、ボイラー)の確認が必要です。

なお、恵庭市内震度4で待機、震度5弱を記録した場合は自動参集です。

いずれも被害状況の報告が必要となります。地震が無い事を願いつつ事前の心構えが大切です。
posted by 管理者 at 19:35| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年8月分

1か月お疲れさまでした。
9/6未明に発生した地震。

揺れなどの被害よりも二次被害での停電、そして食品、ガソリン等の確保の困難さを痛感させられたこの地震。

ほんの1週間前に訓練したシェイクアウト運動。

夜間での出来事であったため少ない職員数、各居室における入居者への安全確保を迫られ、夜勤職員は大変であった。

地震に際しすぐに施設へ駆けつけた職員、何かできないかと早朝にもかかわらず駆けつけた職員。

電池や食品、水などといった物資の提供を申し出た職員や、洗濯を自宅で行う者、人手が少ない朝食を手分けして2階へ運ぶ者・・・皆にも生活があり苦境の中、施設入居者への熱い思いが感じられる数日間でした。


実際に他の施設では食事もままならない状況もあったと聞きます。

真っ暗でいつ終わるとも言えない状況下で、「病気0」「事故0」を成し遂げたという結果は大きなことでした。
posted by 管理者 at 19:31| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年6月分

1か月お疲れさまでした。
職場で「不適切なケア」とみられるケアを見かけた場合に声を掛ける事が出来るか。

この問いには多くの職員が「できない」との回答でした。

なかなか人のケアを「評価」するのって自分の事も自身が無くては言えないも。
言って正したいけど言えない・・・っと、なるとむずむずしてきたりも。

これらがストレスとなり、そのエネルギーが対象者に伝わる事も。

職場内でのお互いに言い合える関係って簡単ではなさそうですが、「適切なケア」についてだったら言い合えるかも。

「適切」であったり「助かった」ケアなどについてお互いに声を掛けあえると職場が活性化していきそうです。

同僚同士で認めてもらえる関係が、対入居利用者へも安心感を提供できるのでは、と思っています。

次のステップの為に、同僚の「良かった探し」を行い、見つけたらそれらを声に出していく、ごくごく簡単な事から始めてみませんか。
posted by 管理者 at 19:28| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年5月分

1か月お疲れさまでした。

新入職員が各階に複数名配属されたことで各階の雰囲気が大きく変わった印象がうかがわれます。

そんな中、新人職員のある応対に注目。

入居者Qさんが他者のお茶カップを手にしたときの事。

『Qさん、そのカップ私にも見せて』と言いながらカップを無事確保。


この場面、ついつい【あー!、Qさんそれ、〇〇さんのカップですダメですよ返してください】と、言いたくなる場面。

新人職員は、Qさんの自尊心を損なわないように声掛けをしていました。

不快に思わせない配慮が自然に出来ることって大切。
新人職員が数か月後に見せる姿は、今の先輩職員の姿と言われています。

手順だけではなく[介護の心]を伝える事って重要ですよね。

また、職員指導にも通じる話。
指摘して教育指導させる事よりも相手にとって「不快な気持ち」を先行させてしまうような言い方って無意識にしていたりも。

新人職員から学ぶ事ってたくさんありそうですね。
posted by 管理者 at 19:24| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年4月分

1か月お疲れさまでした。
新入職員が各階に複数名配属されたことで各階の雰囲気が大きく変わった印象がうかがわれます。

希望に燃えて入職した新人、しっかりと独り立ちさせようと必死に教えようと頑張る職員。

両者にとっては新たな視点や発想、気づき、学び、振り返りなどができる貴重な時間でもあります。

怠惰な気持ちは、全体に蔓延し各現場に宿りやすくなりますが、一人一人の思いや行動はそれらを払拭させる力を持つものです。
問題がないかという感受性、気づいた問題に対する検討、そして解決方法の検討、実践。感受性を常に高めていく事と、相談しあえ、振り返りしあえる関係づくりが職場には絶対的に大切です。

1年前と比較し現在は様々な部分でステップアップしております。
人が変わると現場が変わる。他人を変えるのではなく自身が変わる。

過密なシフトが続き各職員大変な状況ではありますが、体調の管理、健康に留意し「利用者本位のサービス」目指して努力していきましょう。
posted by 管理者 at 19:21| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年3月分

お疲れ様です。1か月お疲れさまでした。

同僚における不適切なサービスを発見した場合どうしたら良いでしょうか。

10月に実施した不適切ケア自己点検シート結果においても約半数が目撃しても注意や指導ができないとの結果に。

また、感じた疑問を同僚や上司と話し合える状況にはない、と答えた方も半数います。

このことからも【注意できない】し【相談もできない】となったら職員としてはせっかく利用者の為、頑張っていても気持ちが報われず悶々としてしまいます。

また一部の職員の怠業が職場全体に影響を与えるとともに多くの一生懸命業務を行っている職員にとって大きな負担を強いている事も問題。

平成30年度がスタートしました。これまで以上に不適切なサービス0(ゼロ)を皆で目指していきましょう。

目指すはサービスの質の向上であり、「いかに人の目を盗むか」では決してありません。

「天網恢恢疎にして漏らさず」努力が報われると感じられる職場づくりを目指していきたいと思います。
posted by 管理者 at 19:17| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年2月分

お疲れ様です。1か月お疲れさまでした。

インフルエンザの対応や入院など様々な事が重なった1か月。
各階職員の皆さんにとっても特別な1か月になったのではありませんか。

起きてしまった事は、起きてしまった事として受入、目の前のことに全力を注ぐ。

また、同様の事が発生しないように向き合っていく事が大切。

そこから目を背け、逃げてしまいたい気持ちにかられる事もあるでしょう。

しかし、利用者はここで生活し続けているわけであり、また、大勢の利用者が我々を頼って生きている。

2月の様々な出来事を通じて全員が知識を得て、経験を積んだことにより1月と比べ介護職としての経験値が上がったと言えます。

その経験値を入居利用者へ還元していく事こそが我々の仕事の重要な責務であると感じています。

なるようにしかならないものを前向きに受け入れていく事が大切ですよね。


入居利用者から受け取った経験を糧に前進あるのみです。体調崩さず頑張っていきましょう。
posted by 管理者 at 19:15| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年1月分

お疲れ様です。1か月お疲れさまでした。

「同僚や新人にどのように伝えるか」。
そんな事を考えながら仕事をすることってありますよね。

急いで仕事をこなす事と利用者本位に仕事を行う事。この二つはしばし葛藤を産む問題ですね。
時間ばかりかけてもいけないし、時間ばかり気にして利用者の思いを無視していたら介護が本末転倒になったり。

指導する際に『早くしなさい』『何してるの』『この間も言ったよね』などと言いたくなる気持ちもわかりますが、
わざとそうしているなら別ですが指導される方も何らかの理由があるモノ。

教えなければならない事は、手順や方法だけではなく「利用者本位のサービスとはこういう事」という介護の基本的な考え方を伝え忘れると、
いつの間にか職員視点での介護になり利用者本位に戻せなくなります。

今一度、『どのように伝えるか』を振り返り、単に好かれる先輩ではなく「尊敬される先輩」を目指していきましょう。
posted by 管理者 at 19:13| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

要介護5に虐待って・・・

昨夜から朝にかけて、そしてお昼までに降り続く雪・・・

道路には、雪を道路側に排雪する習慣があるのか、普段は広い道幅も狭くなり、ママさんダンプが道路をまたぐ光景があちらこちらに。
雪影が多くなり、車と歩行者がばったり出くわすなんて事も。


女性入居者のQさんは窓の景色を眺めながら『すごい雪だねぇ〜、あれ?今8月じゃなかったかい』と。

施設内はのどかな風景。



昨年の9月に、愛知県にある住宅型有料老人ホームで、60歳代の看護師と介護職員2人が要介護5の90代の男性入居者の
顔をたたいたり、「死ね」などと暴言を吐いたりしていたとして施設の元関係者が警察に相談し発覚、その後書類送検されたとの事。

10月に捜査され、今月に書類送検??ってなんだか不思議な感じです。

男性は昨年の7月に入所したばかり。おむつ交換時に、額をたたかれたり、「死ね」「寝とけ」などと威圧的な言葉を吐かれたりされたよう。

要介護5っていったらほぼ無抵抗な状態だったであろう・・・
これらの暴言をはっしていた証拠動画がのこっており担当を外すとかの次元ではないようなやり取り。


職員に指導ができなかった職場。
そこにももんだいがあったのであろう
posted by 管理者 at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする