2019年01月15日

あの日の爆音はガラスまでが・・・

明日で発生から1か月。

あの札幌市豊平区平岸の爆発事故。

HBCのニュースでは建物被害は42棟、車両は32台あったと警察発表。
発生場所から120メートル離れた場所でも被害が確認されたそうです。


先日、近所の被害に遭ったファミレスの前を通ったら、いまだに営業はしておりませんでした。




事故当時、爆風は私の住む約800m先の家付近でも爆音と家が揺れるくらいの振動が。
近所だと尚更と改めて思わされます。

自宅では当時、ガラス窓が割れるくらいの振動と家が大きく揺れた感じに。
すぐに地震を疑いスマホで検索するも地震情報が出てきません。


当時はたまたま家にいて、あの有名な『悪魔のおにぎり』を食していたところ。
DSC_0103 (002).JPG
(最近また買って食べてます。 ローソンの悪魔のおにぎり)

巷で話題に上がっているというその話題から、しばらく経って情報を得ましたが・・・

まあ、おいしいし、しかも安い。そして単純。家でも作れそう。

おっと、話はおにぎりではなく、爆発事故の話。


当時は近所の方々も外に出てきてお互いに情報交換。
普段会話の無い名前も知らない近所の方同士で共通の話題ができるとあたかも今まで知り合いであったかのように
興味津々に爆音についての見解をお互いに発表しあう状況。

「どこだろうか、これはガス爆発だ」と。
「あそこから聞こえた」
「事故か何かかい」

現場まで足を運ぼうかといった野次馬根性が出始めましたが、
その時は、徒歩でも息切れする私。日頃の体力不足からわざわざ近所の火災現場まで行って確認しようなどとは全く思わず・・・


早速、札幌市消防局の消防車の出動状況を検索してみると発生場所の

「札幌市豊平区平岸3条8丁目」に消防車が出動しているとの記載。


火事かあ・・・火事にしては爆音がすごいからガス爆発による火災だろう・・・

などと、その時は思った程度。

まさか全国ニュースとなるレベルの大事故レベルとはつゆ知らず・・・

当時、さっそくTwitterの情報をみてみると次第に情報があふれ初め居酒屋の火災画像が。
その場所は近所の為よく知る場所。その居酒屋も来店した事のある場所。

そして知っているがゆえに違和感のある風景。

不動産屋さんが確かあったはず・・・

地下鉄平岸付近は、不動産屋さんがたくさん立ち並ぶ場所ですから、会社名までは覚えてませんでしたが、
クリスマスでにぎわう某有名から揚げ屋さんもその近所。
あまりニュースにのぼりませんが居酒屋の隣の整骨院までは思えてませんでしたが、不動産屋さんが映像に残っていないのが驚き。


そしていくつか見ていると、まさに大災害だとわかる画像までアップされ始めてきます。

H30.12.16 爆発火災現場画像.jpg
(当時の火災の様子…Twitter画像より)


これはすごい事になった・・・

家の中まで聞こえてくる消防車と救急車のサイレンの音。



えらい事になった!ガス爆発ならまだ第二第三の爆発があり得ると思い、家族に呼びかけるも応答がない。
既に爆音気付かず寝ていたらしい・・・


まさか、スプレー120本が原因とは・・・


被害に遭われた方の弁済、補償、対応がどこまで進めらているのかわかりかねますが、
付近を通るたびに、応急処置のままとなっているマンションや家屋の状況を眺めると、

この雪や寒さの中での暮らし、さぞやお辛い事だろうと思わされます。

また、あの、9/6の北海道胆振東部地震が冬に発生していたら・・・
考えただけでも恐ろしい・・・
ラベル:爆発事故 平岸
posted by 管理者 at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰るんじゃなかったの!?

女性短期入所利用者のQさんのお話。

service2.jpg
(短期入所施設フロア)

2階居室.JPG
(短期入所施設の居室)

2階個浴.JPG
(短期入所施設の個浴)


本日は4泊5日の最終日で自宅に帰る予定。
帰宅時間が近づき、車で送迎するためフロアーにお迎えに。

コートを着用し、いざ帰る段になると



『あ、そうだわ、お友達のxさんに挨拶しなきゃ』とコートを突然脱ぎ始めます。

『コートを着ていてはxさんに失礼だから』と。

コートを脱ぎ終わると利用者xさんの座る席へ歩み、挨拶すると思いきや、

いつものようにxさんの隣に座り、くつろぎはじめ動こうとしません。

すっかり、今から自宅に帰るという事も、コートを脱いだ理由もどこかに・・・

「Qさん、今から自宅に帰りますよ」と促すと、

『あ、そうなの?決まっていたの?』と。



自宅に早く帰りたい、と思われる方もいれば、落ち疲れる方も。

施設はその方にとっての「家」にはなかなかなりえないもの。
利用者にとっての「家」を目指すという考え方もありなのかもしれませんが、

その方にとって、『家もいいけど、ここもいいね』って思っていただける施設づくりって大切だと痛感します。

posted by 管理者 at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車がぁ・・・

現在、送迎用の車を修理に出していますので代車での送迎を実施中。

先日、送迎後に普通乗用車がぶつかってきたために新車にへこみが・・・
運よく低速でぶつかってこられたため走行には支障がない程度で済みました。

これまで無事故無違反の車がついにキズものに・・・
ただ、利用者が乗車していなかったのが幸いです。

相手側に過失があるため保険で修理してもらうのですが、慣れない車は少し緊張が。

最近はDSなどの送迎車による事故で乗車中の利用者が重傷を負うといったニュースがあり、
しかも雪道ですから緊張しながらの運転になります。


その代車ですが、普段使っている車よりもグレードが高く、最近の軽自動車のフル装備って車がしゃべる・・・

あまりにも快適なつくりにあらためて日本の秘術力に敬服。
見通しも良く、ナビもついている・・・、しかもテレビも・・・

このまま代車でいいやって思う今日この頃。


事故と言えば3年前の1/15には軽井沢での15人が死亡したバス横転事故が。
亡くなられた方々もそうですが運転されていた方、そしてバス会社にとっても不幸な出来事。

短期入所や病院受診ではほぼ毎日使う車。
これまで以上に安全運転を心がけようと思いました。








posted by 管理者 at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする