2019年02月27日

詐欺なのかそれとも通常の営業活動なのか・・・@

「解約手続きが無かった」と君が言ったから2月27日は詐欺記念日


本日夕刻、某社より封書が送付された。

(現時点では某社としておく)


封筒の社名は聞いたことが無く、覚えもない・・・

開封し中を見ると、540,000円の請求書。



なんだこれ??


見ると、求人広告のお支払いの請求書。
3つの職種についての募集で、3週間で一つの求人180000円との内容
よって、180000円×3本=540,000円の請求。

掲載した記憶が無い・・・

電話をかけてみると、思い出した・・・


求人サイトに3週間無料掲載しませんかとの営業電話があり、

「新しいサイトの為に無料でやってます。3週間だけやってみてください。」

との話だった。

実際に、申込書にチェック欄があり、(3週間プラン(21日間))にチェックをしてFaxで送信してもらえれば・・との話。
私は、「無料」という言葉が大好き。
チェックし送信する。

『3週間以上以上は掲載するつもりが無いが良いのか?』との問いに、
営業マンは「それで大丈夫です」との事。

しかし、実際には掲載終了の3日前には解約の手続きが無ければ自動更新で有料掲載プランに移行との事。

「そんな話は、聞いていない、請求を無かったものにできないのか」と伝えるも、コンピューターで行っておりできない。
請求は成立するとの回答。

また、「掲載前に利用規約というのもあり、それをお読みいただいているはず。
自動更新はそのように書かれている」

   という事で、某社は、一歩も引く様子はみられない。


私も、事を荒立てたくないので冷静に電話。
相手側も冷静に会話。

求人広告を謳い、詐欺まがいの会社が多発しているとの情報が回っていた。
まさか、この会社がそうだとは思いたくない。


求人広告を掲載するという事は、その会社は、人手不足であろう職場を助けるために仕事をしているはず。
広告主に対して不利益がかかるようなことは通常であればしないであろう・・・

「コンピューターが行っている」

コンピューターを人間が操作しているんじゃないのか?
最近流行りのAIか?!

人間が行う事だから話せばわかるだろうとおもっており、

『では、営業からの話が不十分であり、意図していない事のようなので解約という手続きに入りますね』

という言葉を期待しながら話していたが、

「掲載は止められますが、お金は払っていただきます」
との回答。


やってくれたなあ・・・


私も諦められない。
「どうにか善処してもらいたい、回答を待ちたい」とのことで、現在保留。

支払の義務が無効であるとの通知書を早速送付した。

某社が指定する支払期限は、3月4日!


おかしな会社ではない、言葉の食い違い、お互いの意思疎通の問題であると、思いたいので、
現時点では、会社名は伏せておく。


最後の最後まで、私はその会社を信じたい。

スクールウォーズでも言っていた・・・

「信は力なり」


当事業所が被害者とならないよう願うが、もしも「被害者」、相手側の言う「債務者」となってしまった場合には、
他の事業所にも被害、「債務」が拡大しないようさらに公にしていく予定。


社会福祉法人が介護報酬及び利用料請求で運営が成り立っている背景上、
それら経費を無駄に使用する事は断じて行ってはならない。

posted by 管理者 at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日のつぶやき








































posted by 管理者 at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする