2019年03月21日

その会社からの回答次第!I 会社名公表!・・・

またまたしつこい、あのお話について・・・


ついに3/20が終わろうとしている。

3/20は例の求人広告会社がいうところの、3週間無料期間を過ぎ、

自動更新による3週間の最終日。

「3週間無料です」「アンケートを送ります」「3週間だけです」

などと、営業マンは言う。


しかし「解約は書面で」「掲載終了の3日前を過ぎたら自動更新」


と、「重要事項については事前に目を通しているはず、理解した上での契約が行われた」

と、こちらとしては不本意、かつ納得しないまま「自動更新」及び高額の請求書「54万円」



「しっかりと、営業マンは説明している、マニュアルで決まっている」という。



ほう・・・契約に必要な重要事項について「軽い説明」でしか受けていない認識をしているのは私だけなのか・・・

ならば、実際に他の事業所の状況を確認してみた。

多くの回答は、Hで記述した通り。

私が確認した事業所のすべてが私が抱いた認識と同じであり、「自動更新」は寝耳に水との認識。



そのネット求人広告会社は、
@自社の求人サイトに掲載している
A説明は事前にしている
B自動更新した際には請求が発生する


と、言う。そしてそれが合法であるという。

その会社が言うように、私は「注意義務をしっかりと払わなかった」と言いたいようである。


ならば、私の認識が100歩譲っていたらなかった場合、「3週間無料」の営業の謳い文句をうのみにしないように・・・

他の事業所に対して、掲載するに当たり私と同様の認識をしないよう私が補足説明してあげ、3週間を「無料」として気持ちよく掲載してもらえるよう、その一助になろうではないか・・・

掲載すると言って、掲載しないわけではない。
実際に掲載効果は別として、掲載されている。掲載効果は、その担当曰く、10%の事業者があるとの回答らしい。
このことでは詐欺会社ではない。
普通のネット求人広告会社と言える。


3週間は無料・・・これも間違いない。

希望する事業者があるならば3週間は無料なのでしっかりと有効活用されたら良い。
私は、掲載すること自体を止めさせることはしたくない。

無料としている、3週間は有効に活用したらよいとの考え。

ただし、営業マンによる重要事項説明が不十分なのは多くの方が証言しているために、

もしも両社の認識に誤解を生じさせる恐れがあるのならば、そうならないようにお手伝いしよう。

3週間以上掲載したい事業所があれば、金額をご確認の上活用したらよい。
掲載を継続したい場合は、有料であるとの認識のもと、費用対効果を考え、継続したらよい。

継続の有無は、広告会社が決める事ではなく、求人を出す側が、自らの意志で決める、そう、当たり前の事。


3週間は、無料、との良心的なキャンペーンを実施している求人広告会社は、

株式会社〇〇〇〇〇 さんです。

※決して、エンタメ情報発信されている会社とは同じではありません。誤解なさらないようご注意を。


取引する際には、多くの声を確認したらよい。

いまだと、「インターネット」という素晴らしいものがある。
社名を、検索してどれくらい有効なのかを認識したうえで活用したら良い。

3週間は確実に無料!!である。
それ以降は、無料ではない!!

掲載効果を認識したうえで継続か否かを判断し、「解約手順」がすこし勘違いが起きる可能性があるため、事前にアンケート用紙を貰っておき、Faxで送信するのではなく、「特定記録郵便」または「内容証明」で送付する事がお互いの誤解を抱かないスマートな活用方法と言える。


掲載を取りやめるように伝えているが、忙しいのかいまだに掲載されている(H31.3.20現在)


繰り返すが、3週間は無料・・・これも間違いない。
希望する事業者があるならば3週間は無料なのでしっかりと有効活用されたら良い。
私は、掲載すること自体を止めさせることはしたくない。
3週間を有効に活用したらよいとの考え。
そして解約した場合は解約し、継続したい場合は継続。それ以上でもそれ以下でもない。


Twitterも行っているようである。ツイート内容やフォロワー数等参考にされたら良い。



某携帯電話ショップ店員も、高齢者などに、使うか使わないかわからないような様々なオプションを加入させ、

キャンペーン終了前には解約してください、などと面前で説明しているようだが、
高齢者にとっては解約方法が面倒で操作手順が複雑なうえ、
解約しないのは手間暇かけない、無知な高齢者のせいである、といった論法は道義的に問題である。

しかし、これは詐欺かというと、詐欺にはなりにくい。

が、ビジネスとしては不誠実であると言える。











posted by 管理者 at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日のつぶやき






posted by 管理者 at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする