2017年03月31日

H27年6月

1ヶ月お疲れ様でした。
先日、大阪にある特養で、「何、勝手に立っているんだ」「何回言ったらわかるんだ」などと
入居者に暴行まで行った男性介護職員が逮捕されたニュースがありました。
介護者側の視点だと転倒する危険のある利用者に立たれると事故が起きることを心配しての配慮。
もしも私たちが自宅で椅子から立とうとした際に家族から「どうしましたか?」と尋ねられたらどうでしょう。
または「座っていて」などといわれた場合。
自分が普段何気なくしようと思ったことを止められた場合の事を。
しかし、現実、人手の問題で「ここで立たれると困る」と思われる場面はたくさんあります。
介護職員は万能ではないから『しかたないでしょ』などと開き直るのか、それとも『本来はしてはならないこと、申し訳ない』と認識したうえで行う事では相手に伝わるエネルギーが違うはず。
介護は万能ではないからこそ、利用者に対して謙虚でなければなりません。
posted by 管理者 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック