2017年03月31日

H27年11月

1ヶ月お疲れ様でした。
認知症ケアにおける怒りのコントロールのお話。
入居者が行なう行動に対して「注意」や『叱責』をした事はありますか。
『入居者が間違った事をしていたらそれを正す事がなぜいけないのか』
これらは世の中の多くの現場で出てくる言葉。
プロの介護職はその言葉以外で入居者自身が安楽な状況となる対応はなかったかを研鑽します。
そもそも叱責をして直るものものなら別だが、認知症により本人自身がどうしようもなく
行ってしまう行動・心理症状に対して、
入居者にとっては不快感や罪悪感しか抱かないような対応はすべきではない。
介護は裁判ではないから入居者の行動に対して白黒をつけていく事が仕事ではない。
手づかみでご飯を食べて叱責、おしっこを漏らして叱責、
何度も立ち上がって転びそうになるから叱責・・・
周辺症状の多くは本人を取り巻く環境が整っていない事が原因で招く事が多いという現実の中、
入居者を正すのではなく、自身のサービスを正し、見つめなおす事が先決であり、近道なのです。
posted by 管理者 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック