2017年03月31日

H28年8月

1か月お疲れ様です。
今月は不適切な支援について…
「○○さん、△△してください」。現場でよく耳にする言葉。
言い方として「○○、△△しなさい」よりは丁寧な表現を使っているようですが、
この表現に違和感を感じないことは問題があります。
「他人(ひとの)部屋に入らないでください」。これまた違和感があります。
客観的に考えても自身よりも40~50歳年齢が離れている者から命令されるということは耐え難い事、
ましてや丁寧な表現を使えば命令しても良いということにはならない。
口からでた言葉は仕方がない。
でも言った後に自身で「適切であったか」を振り返る事を忘れてしまうと
、仕方がないだけでは済まされなくなります。
『鼻めがねという暴力』というタイトルの本があります。
悪気なく行っている行動が実は虐待の道に続いているんだということが記されています。
検索してみたら勉強になりますよ。
posted by 管理者 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック