2017年03月31日

H28年10月

1か月お疲れ様です。
本人の思いへの介護支援をしてみませんか。
人間は欲求を満たそうと願うものである。
欲求と言えばしばし聞いたことのあるマズローの5段階欲求の話。
決して欲求の種類が5つあるといった話ではなく
「自己実現の欲求」を頂点としたピラミッドの頂点として5段階にすすんでいくというもの。
欲求を表現しない方への介護は難しいため介護者の独りよがりになりやすく、
欲求を要求する方だと「めんどくさいなア・・」とも思っちゃう。
利用者の欲求を抑えようとすると最終的に廃人に向かいます。
<本人の欲求を満たすためにどうするか>を考えた介護と
<介護者にとって迷惑な行動をやめさせようとする>介護では、
結果的には後々、後者の方の介護負担が増してきます。
利用者にとっての「何かしたい」といった思いを実現できるよう支援することが
近代の介護と言われています。
本人がこれまで行ってきたことやできそうなことのメニューを作り、それを実践(社会的つながり)してもらい、それを評価(尊厳・承認)することで自己実現への達成感へとつながります。
衣食住(生理的・安全)の欲求への支援に終始していないか、
役割を担ってもらえるものが入居者一人一人にあるのかをふりかえってみましょう。
posted by 管理者 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック