2017年03月31日

H29年1月

1か月お疲れ様です。
本人の思いへの介護支援をしてみませんか
「時間が無いからできません。」
どこの介護現場でも聞こえてくる声。
介護現場は実際に忙しいし、ましてや時間を持て余すことなどありえないであろうが。
しかし、逆に「時間があったら何をするのか?」と問いた時に、
若しくは、「時間を2時間自由に使って良いから何かしてね」と言われた時など、
何をするつもりなのだろうか。
返答に思考時間60秒も空けずに5個以上言える介護職員はまさにプロフェッショナルと言えるだろう。
実際にそういった職員は存在している。
しかしながら90秒以上経過しても抽象的な事ばかり口にして
具体案がでない職員は「言い訳職員」に認定されちゃいます。
それで良いわけ無いですよね。
「時間があったら○○をする」と、考える事と、
「時間が無いから○○出来ない」と、考える事とでは大きな違いが出ちゃいます。
まずは、やるためにどうするかを考える「足し算思考」型の仕事の仕方かどうか
自身を振り返ってみるのも良いですよ。
普段の私はどのような考えのタイプだろうか…を。
posted by 管理者 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック