2017年03月31日

H29年2月

1か月お疲れ様です。 
チームケアのお話
人によって介護や医療の知識や経験の質と量が違うことは当たり前の事。
『昨夜Qさんが38℃の発熱あったが早朝には36度になった』との申し送りを受けた場合、
申し送りを受けた人によって対応が幾つにも分かれます。
決して同じ対応になるとは限らないのが現実です。
これが一致された場合、いわゆる「阿吽の呼吸」で『チーム連動』がスムーズに行われます。
一致しない場合「なんであの人は…」「言わないとわからないのか…」などストレスを感じるもの。
「チームとして組むメンバーによって仕事のはかどり方が違う」ということは
どこの職場でも現実的に起こり得る事です。
それらを補うためには
@『誰が何をするのか』を決める事とA勉強すること、そしてB時間経過が必要です。
「発熱がありそれが下がった」と聞いて「何もしない」という選択肢もあれば、「再検する」、
「再検及び水分促し」「病院受診」など、「誰が何をするのか」をチームで決める事せずに個々の能力に頼った介護支援は職員間ストレスしか生み出しません。
統一せず、勉強もせず、待てない事で改善する要素は0でしかありません。
何をするのかを決め、知識と経験の質と量をお互いに補完しあい
利用者支援にあたると仕事のはかどり方とストレスが違うはずです。
posted by 管理者 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック