2017年04月04日

ご家族アンケート、その内容とは・・・

ふる里えにわでは毎月アンケート用紙をご家族に請求書に同封して発送しています。

玄関窓口に回収用ボックスがあり、そこに入れてもらってます。
時には手厳しい内容のものもあり、その内容をもとにしてミーティングや各種会議を開き職員同士議論することも。

先日、箱を確認すると、1通入っていることを確認。
設問は全部で8項目。今回低評価のものについて以下に抜粋いたします。

(2)施設でのご本人の暮らしぶりや健康状態、金銭管理、職員の異動等について、ご家族に報告がありますか?
  3.ほとんどない
(5)施設のサービスを利用することで、ご本人の生き生きとした表情や姿が見られるようになりましたか?
  3.ほとんど見られない
(8)ご家族から見て、職員は生き生きと働いているように見えますか?
  2.一部の職員のみ生き生きしている

眺めた瞬間「う〜ん」とついつい唸ってしまった。
全体的な評価として5段階で表現すると、3又は2といった評価。

これは改善しなくては・・・

そして、最後に記述式の設問項目、
■改善してほしい点や気になる点などをご自由にお書きください

ここ最近面会に行くと帰り際に介護さんが母の状況について話を聴かせてくれます。
そのような体制になったのでしょうか。
それとも介護さん個人の事なのでしょうか。
どちらにしてもうれしく思います。継続してください。

との内容(一部を抜粋)。

お褒めの言葉のようではあるが、この内容、
今まで、現場職員から状況報告を聞かされていなかったとの事実!
そして、当たり前ではなかったからこそ、当然の出来事ではなく、うれしく思われたとの内容に思う。

施設長就任し、新体制になった時期より、ご家族への報告を徹底していた「つもり」だったがほとんど機能されていなかった。
まさに、「つもり」だけだった。
来訪時に報告する職員、報告しない職員、報告できない職員様々いる状況であるという事。

この件について、しっかり対応するよう改めて徹底していきたい。

posted by 管理者 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック