2017年04月12日

犯人はどこかにいる

先程、江別での白骨遺体の話題を少し触れましたが、その時思い出したのが、

「恵庭OL殺人事件」の事。

あの事件は平成12年の出来事。
たしか、あと数年くらいで刑期が終わる頃だと思うのですが、

あの事件、誤解が多いのは、恵庭市内の住民が殺害されたわけでもなく、恵庭市内の住民が逮捕されたわけではない事、たまたまなのか、計画的なのかわかりませんが、殺害され発見された場所が恵庭市内だったという事。

あの事件はどう考えても不可思議な結果になった裁判。

情況証拠のみで殺人罪が確定させてしまった裁判なのですが、
なかなか、あの事件を再考しようとするマスコミがないのも不思議な感じ。
一人の女の子が、同僚を車に乗せ、後ろ手に縛り、絞殺し、農道におろし「灯油」を10Lまいて火をつける。そして大急ぎで暗闇の中、雪道の農道を走り約16q先の市内のガソリンスタンドに約20分かけて到着する・・・

不思議です。率直にあり得るの?そんなこと?って思っちゃう。

個人的感想として「冤罪」じゃないの?って思っちゃう。

蘭越町での母子殺傷事件での判決では、同じく直接証拠がないなかで関節証拠の積み重ねの中「容疑者以外で犯行に及ぶ者がいない」との消去法が用いられ有罪判決となったが、この恵庭の事件は小柄な容疑者以外の犯行を想像した方が合点がいくような事件にしか思えない。

犯行現場をみた目撃証言では炎の上がる時間の前後で2台の車があったとの事。でもその証言はあいまいであるとされ採用されなかったらしい。

そもそもが小柄な女性が単独でできる犯罪なのかと・・・

天網恢恢疎にして漏らさずというが、勝手な想像では漏らしてるとしか思えないのだが

恵庭住民にこの事件の事を聞いてみると、意外に「冤罪」と思っている方は少ない。
その多くの理由は、複数回に及んだ無言電話の嫌がらせ、恋愛の三角関係問題、これにつきる。

これは受刑者にとって大きな問題だ。犯人と思われても仕方がない。

しかし、思われても何をしても、事実は一つであり、受刑者が殺害をしたという直接証拠が全くないなかで判決を下されるのはたまったものじゃあない。

懲役16年。平成12年はまだスマップが活動していた。解散したと知ったらびっくりするだろう。
現在、2000円札が流通しづらい状況になっているとは思ってもいないだろう・・・
posted by 管理者 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック