2017年06月05日

平成29年4月分

1か月お疲れ様です。 
「責任を取る」という言葉を聞いてどのようにするのが一番か。1退職する2坊主3給与カット4降格処分5謝罪
責任の取り方としての方法はなかなか難しいもの。1〜5どれもが「自己満足」と言われるとそのようにも思えます。
逆に「無責任」だと思えそうなことはなんとなく想像できそう。1知りません、2分かりません、3言われた通りやっただけ4前からそうでした という発言は「無責任」であり「責任がある」とは言えない事がわかりやすい。対利用者、対ご家族に対し介護の専門職者としてこれらを少なくしていく、なくしていく努力が求められます。課題があればそれらを無為に放置しておくのはいけないし、顧客から求められる人財に近づこうとする努力は常にしていかなくてはなりません。
posted by 管理者 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック