2017年06月14日

こんな電話は勘弁して・・・@

今朝テレビのニュースで不動産仲介業の元社員が、社会にあった合鍵を活用して空き巣をしていたとの事件が報道。勤務中に空き巣を続けていたとの事で約200本の合鍵を持っていたとの事。

仲介業者によるこの事件は、まじめに営業している業者さんたちにとって迷惑この上ない事件。
そして、鍵を預けている大家さん達にとっても迷惑で、しかも不安な日々を過ごさせることなったであろう。


施設に様々な電話がかかってきますが、迷惑なものの一つに「電話での営業」があります。

お金がそんなにある法人ではないので、必要なモノを厳選して導入しているのですが、所持金はある意味公金ですから、簡単に支出するわけにはいきません。
一方で、特定の業者さんとだけで付き合いを行うわけにもいかず、よりオープン、来訪する営業マンには最低限の必要な情報を提供し、見積もりを出していただく前段階の業務も公金を扱う事業所としてより公平に機会を提供する事に努めているわけです。

しかしながら、施設長として日中は入居者の生活のための必要な業務を行っているので、その時間を割いてまで営業の方々にお会いするには、より有意義なものであるべき事が前提となります。

ご機嫌伺いで来訪する事も営業マンの仕事なのはわかりますが、おしゃべりして、お茶飲んで、情報交換して、などとの有効性もわかりますがそんな人手に余裕がある事業所ではないので、単刀直入のお話がやっぱり効率的で現時点では有効であると感じているわけです。

そんななか、最近多い電話では、あたかも「注意喚起の連絡です」「お得な情報提供です」「調査しています」などとの枕詞で、要件が曖昧な話を延々と続けてくる業者が非常に多くなっていると感じます。

ジャンルとしては、「水」「電気」「電話」の類のもの。

しかもテレフォンアポインターが電話をかけているために、以前話したにもかかわらず、数度にわたって連絡が来ることも。もう勘弁してほしい・・・

posted by 管理者 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック