2017年06月21日

ふる里えにわ7不思議C開かずの扉の怪・・・

ふる里えにわ7不思議シリーズ

とかく施設は、「住み慣れた」ところと乖離した居住空間を造ってしまう事が多い。

 当施設の場合もそれが言え、各ユニットの出入り口が自動ドアとなっている。

 しかも、入るのは自由だが、出るのにロックがかかっている。
20170621_182936.jpg

「家でありえそうな事」を基本的な指針としたり、パンフレットに「その人の家」などと謳ったりする反面、
実際には「施設らしさ」を追求して建物を建築したり、サービスしてしまったりする事が多い。

ロックがかかる事がダメなのではなく、ロックに頼り、「開けようとしない行為」「行かせないようにする」事がいけない。
ついつい、「認知症だから仕方がない、当たり前」と考えてしまうと不適切支援や虐待はなくならない環境をある意味増長させてしまう事も。

「したい事をできるよう支援する事」が介護現場の仕事。

「座っててください」「立たないでください」「そこに行ってはダメ」

などとの言葉が飛び交う現場は危険な現場といわれるだろう。
施設で当たり前と考える事を「世間では当たり前ではない事」が実に多いのが介護現場。

家でありえるのか、といった観点を様々なことにあてはめてアセスメントすると、入居者、利用者にとって暮らしやすい環境に近づけていける一つの方法だと言えるだろう。

そもそも、1日に何度も出入りするとこに電気を使用するという事は資金にゆとりのある事業所が行う事であり、維持費を極力かけないよう設計を考えるのはこれまた普通であろう・・・

 
posted by 管理者 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 7不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック