2017年09月18日

敬老会裏話A

今回の敬老会では、米寿が2名、卒寿が1名、そして百寿が1名の計4名がお祝いの対象でした。

市や国の基準では、年度内での加齢が基本のようです。
子供の成長や長寿の祝い事などは、古くから日本では「数え年」を節目として祝いますので捉え方が人によって違ってきたりします。

今回の百寿のお祝いでは、国から内閣総理大臣安倍晋三の名での祝い状と銀杯が贈られました。また、市からも恵庭産のお米とタオルが贈呈されました。

CIMG8442.JPG
今回はこのお祝いのためくす玉を製作。

RIMG0043.JPG
くす玉の玉の正体は100円ショップで購入したザルです。

二つを合わせて球になるような器を探したのですが、ボールでは深さが足りず合わせると楕円形になってしまったりと、店内で色々試して購入したモノです。
店内周囲からするとザルを、しかも1個100円のモノを念入りに合わせたり、探しているの光景は少し異様に映ったかもしれません。

ちなみに、金色に紙を施したりするのは私は雑なので苦手のため、栄養士さんにお願いしました。

うまく割れ一安心しました。

posted by 管理者 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。