2017年09月20日

漂流家族B

様々な要素を持ち合わせているこの「漂流家族」の番組。

他の大家族モノも大抵は父親が仕事を辞めてしまい家庭内がおかしくなるといった展開や子供たちがグレはじめるなどといった共通の特徴がありますが、それ以外の別の要素がこの番組には感じ取れ、しかも続編がその後観られないといったレア感がより一層興味を引き立てているようです。

話は逸れますが、ネットの配信者、「ウナちゃんマン」は著名で知る人は知るといった存在。
配信歴は結構あり、配信界では一目を置かれる存在。

個人情報を一部自らさらしたり、ネットユーザーに晒されたりしリスクを背負いながら公になっている。

配信業の他に居酒屋という店ををもっているようなのですが、営業はしていません。
毎月家賃を払い続け、営業はせず「場所を保有」しています。
「好きな時に営業する」としばし語っていますが、現実的には、飲食業は客の見込みが不安定であり、しかも仕込みとして食材の購入が必然であり、数人の来店客ではペイしないのが現実で、経費がかかるため営業せず家賃だけ支払い続け、賃借物件を有しているといった「信用」をお金で買っていると言えます。

本人曰く、営業していない店の保有があったからこそ自宅の引っ越しが出来たと述べられています。
営業して黒字にしていく手間暇と経費を計算して、営業しない事でのメリットを冷静に考えた結果であろう。

店を営業しなくても、ネット配信やリスナーの援助で生活し続ける事が出来るある意味「凄さ」があります。
これらの事も、ネット上ではアンチと呼ばれる方々より叩かれますが、このことも我々の実生活に何ら影響を受けたりしません。そもそもがネットの配信の世界は狭く、語られる話題の多くがネット配信者間の出来事などで人気を得ていたりします。

一生懸命努力しても家のローンが払えない方もいる中、あえて営業しないお店を家賃だけ払い続け保有し続ける方もいるといった十人十色感。

まあ、我々の生活に影響を受ける事としては、社会保障費関連の負担増が挙げられるかもしれませんが、直接的なモノはありません。それよりも、それら映る姿を通じて様々な事を考えさせてくれる機会を得ているのではと考えさせられます。

話は戻りますが、「移住」が収支があうのかどうかをこの番組だけで軽々に判断はできないでしょう。
それは個々のケースによるところです。

ただ、恵庭市は住みやすさは高いと言えます。収支さえ合えば、本州からの移住もそうですが、インドネシア等の外国人労働者、札幌圏からなども一度この地恵庭を体感してみてはどうでしょう。

ふる里えにわにおいても就業の場がありますので、収支があうかどうかを施設見学を通じてからでも決めるのは遅くはありませんよ。

話があちっこっち行きましたが、結局は介護従事者の募集の話で終わります。
posted by 管理者 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。