2017年09月21日

漂流家族D

恵庭市は一軒家が多いです。

当施設のSSの利用者宅の多くも一軒家に住んでいる方が多い印象。
札幌のように冬に凍結した外階段のあるアパートで介助に転倒の危険性を有する場面自体が少ない。

恵庭市の地価も約1/3と言われています。そして庭付きの一軒家が多く、さすが「花のまち」と言われるくらいであり、家庭菜園のレベルも農家並み。

高齢によって要介護状態となった場合、高齢者住宅や有料老人ホームへ転居するケースがありますが、その際に一軒家の処分の課題を迎えるようで、最近流行りの民泊や賃借、富裕外国人への売却という流れがあるようです。

高齢者介護に携わる関係上、こんな話もよく耳にします。

高齢者住宅や有料老人ホームに住み替える場合に夫婦部屋を選択した場合、片方が先に亡くなる場合というのを想定していないケースもちらほらあったりします。

一人だと広く、しかも家賃が高いという状況になり様々な課題が出たりも。また、夫婦のうち一方が要介護状態となった場合に施設都合で介護棟へ引っ越しを要求され離れ離れになるケースもあると聞きます。様々なステージを想定せず運営する事業所が多いため、そこら辺を確認しておくことが住宅選びの一つのポイントでもあります。

以前お話した、ウナちゃんマンが営業しない居酒屋の家賃を支払い続ける理由は何か。
営業しないなら店を営業すればよいのでは、とアンチからいつもたたかれますが、
自身の転居に有利となるよう保有という側面と。
そもそも営業すると、日々損益分岐点を下回る確率が高いために赤字分と家賃等の必要経費を支払うよりも営業せず家賃分のみ支払っていた方が何かと便利であり、損して得取る選択をしたのではと想像します。

営業しないなら店をつぶした方が目先の利益と今後の生活においては確実に楽になりますが、配信業という不確定な生活者にとってお店という「信用」の担保代金としての必要経費なわけだろうと推察します。

営業して大繁盛であればよいのですが、そうはうまくいかないのを経験として理解しているからこそ、一時配信引退を宣言したにもかかわらず店を再び辞めて、配信に戻ったのもうなずける話。他人がとやかく文句を言う話では全くないと言える。必然でしかないのです。

またまたマニアックな話にそれてしまった・・・

「漂流家族」のこの番組。様々な事を考えさせてくれます。
ラベル:漂流家族
posted by 管理者 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。