2017年09月26日

給食業界の闇A

ニュースを見ていると、フェイスマスク「オルフェス(ALFACE)」のCMで、相手の容姿に応じて、出演者が露骨に態度を変える内容が不適切ではないかとの指摘が続出しているとの事。

また、某小学校で1年生の学級担任が児童の偏食をなくすために給食を残さず食べるよう指導し数回の嘔吐があったなどのニュースも。

ここ最近は、ネットの力がすごく、昔では考えられない事で炎上してしまうよう。

私の小学校時代は給食を残すのはダメであり食べ終わるまで指導するのは当たり前の時代。ちなみに私は出されたものを残さず食べるし、そもそも残さないので指導もされない、逆にお代わりを望む生徒だった。

牛乳がダメな生徒は鼻から牛乳、目から涙を流しながら食べていました。

食べ物を粗末にしてはならないし、もったいない、休んだ生徒の家にわざわざコッペパンを届けさせられたくらい。
今考えると、わざわざ休んだ子の家に持っていくなんてそれこそどうかと思うが、多分プリントなどと一緒に持って行ったんだろうか・・・記憶が古すぎて覚えていない・・・

あれがまずい、これがまずいなんて言ったら親から相当怒られた。
長い物差し、「クジラ」や、ストーブに使う「デレッキ」「ジャンバ」でぶっ叩かれたり、ムロに入れられたりしたもの(北海道でしか通じないかも)。

小さなことで大騒ぎする世の中は住みやすいようで住みづらい。しかもある意味、言い返すと立場が悪くなるような言い返せない側の足元を見られているよう・・・


例の中学校の給食問題について、異物混入はもってのほかだが、1食契約単価は多分250円前後であろう給食で美味しく作るのはなかなか至難の業ではなかろうか。
配送の関係で冷めた弁当を食べている。コンビニ弁当を温めずに冷やされた状態のごはんは箸ですべて持ち上がる。味も盛付も町からの栄養士の指示ではないのだろうか・・・

ただ、ケータリングサービスのように保温または再加熱可能な食缶で配達し、学校側、生徒が自身でで盛付る方法なら改善しそうだが・・・どうなのか。

暖かければそこそこ食べられそうだが・・・またはあの社員食堂のような容器の色は食欲を失わせる・・・

牛丼の吉野家さんが高齢者施設向けに牛丼を販売したとのニュースがあったが、吉野家のどんぶりだからこそ味わいが一味違ってくるように思える。
posted by 管理者 at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。