2017年10月06日

クライアントハラスメントB

前回の続き・・・

とかく、施設サービスでの新規の入居者の場合、利用者にとっての不安な心理に反し、職員側として「特別扱い」はダメで全入居者の中の一人としてあえて関わろうとする誤った風潮があったりも。

「一人にばかり関わっていては他の利用者がかわいそうだ」
との論法・・・

その論法では利用者に寄り添う事は到底難しい・・

また、大事な考え方を押さえておきたい。

認知症ケアにおけるBPSDが発生するメカニズムとして、何らかの要因が本人に影響し症状が起きるといった原因と結果の関係から見た場合、人様の部屋に職員だからと言って先頭で入室する事がなかった場合突き飛ばす行為自体が発生しなかったかもしれませんし、突き飛ばす行為をいかに止めさせるかを考えるのではなく、突き飛ばしたくなる思いにさせない事を考えることの方が合理的な考え方であるという事。

自席より立ち上がろうとする利用者に対し、「座ってて」と席に拘束する方法を検討するよりも立ちたくなる理由を考察したり、逆に座り続けたいと思える環境を考えることの方が合理的だったりも。


かつて身体拘束がまかり通っていた時代では、おむつ外し目的として、いかに「外させないか」を視点に対応していたことがあり、その手法として「つなぎ寝間着」が販売もされていました。

おむつを外したい理由を職員が考察する事は無く職員視点での「禁止」させる方法が主眼に置かれていた時代が実際にありました。


「徘徊」と呼ばれていた時代、「回路式」の施設が流行し、「歩かせ続ける」手法が用いられたりも。


パーソンセンタードケアの考え方よりも職員視点での介護がまかり通っていた時代の話です。

新しい認知症ケアでは、利用者に影響を及ぼす要因をいかに取り除くか、認知症と診断された方本人自身に「変わって」もらうのではなく、その方の周囲の方が合わせ、臨機応変に対応するかが認知症ケアの基本的な考え方。

影響を及ぼすとされる、社会的、身体的、心理的、環境的な要因に対してアプローチする事が現代の考え方。そして、一見職員にとっては可笑しく見える行為、行動でもその方にとっては「物語」が成立している場合があり、そのストーリーを受容する事が大切だとされています。



続きはまたまた、後程・・・
posted by 管理者 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。