2017年10月06日

クライアントハラスメントC

呼びかけのナースコールが頻回にある場合・・・

いかにコール回数を少なくさせるか、またはそれらを問題行動としてみたり、職員の負担感を嘆くよりも「本人の思い」に寄り添う事を主眼にしたケアとして「どのように利用者と向き合い接するか」をチームとして意思統一し実践する事を考えた方が合理的であり効率的であることが介護の先人たちの努力と、多くの認知症の方のこれまでの苦労により教えられて今があるわけです。

また、こんなことも・・・
「動き回られるので職員が一人取られる・・・」
「ほかの利用者に関われず寂しい想いをさせてしまう・・・」
「動き回るのは本人にとってもつらいはず・・・」

この場合も専門職としての視点は欠落しており、議論の余地はない・・・
“なぜ動き回るんだろう・・・原因をさぐってみよう”
“自分たちがもしその利用者だったとして、動きたくなる時ってどんな時だろう、逆にどんなときだったらそこに居たくなるだろう・・・”

症状や結果だけをみても解決はしないし、背景を読み取る事、そして重要なのが、「視点」をどこに置くのかが大切。

言葉であたかも利用者を心配しているようで、実は心の声で(こんなに大変なのは困る・・・)というのが見透かされていることがある・・・
困っているのは職員・・・?


多くの介護の事業所でやりとりされる事例ではなかろうか・・・



ただ、全てが介護職員の手だけでBPSDが解決されるわけではなく限界があったり、医療の力を借りなくてはならないこともあるのも事実。


そして実際に患者が医師や看護師を殺傷するといった事件もあったりします。

専門職として、介護職としてやるべきことをしっかり行うという事が前提でなくては、「クライアントハラスメント」を簡単には論じれない事も押さえておきたいところですね。

前述の事例において、介護職として自ら行ったサービスの振り返りをせず利用者家族を訴えるというのはある意味暴挙に近い。

実際、Zさんは利用者と接する際に、自身の声の大きさ、威圧にて介護支援を行っていたと言います。いう事を聞かせるようなものの言い方。「私が言えばQさんは言う事を聞く」などと他の職員に吹聴していたようです。

言い聞かせること、職員の思い通りに動いてもらうように行う介護支援は認知症ケアより外れています。
グループホームの存在により入居利用者が食事作りなどの家事を行う事が、良しとされた空気があり、その形だけを実践しようとする介護職員も当然増幅した時期がありました。
家事をするよう支援する事と家事がしたくなるよう支援する事では意味が違ってきます。

何のために行うのか、を理解せず、体裁を整えるために利用者に家事をさせていては手段と目的をはき違えている事になったりします。

させることが目的化するとその先には指示命令やグレーな支援、虐待につながる事も。



はたかれた、かっちゃかれた、噛まれた・・・といった単なる事象だけではなく、それに至った背景が何であったのかも同時に議論する事が「クライアントハラスメント」を考える上では極めて重要だと思うのです。



お客様は王様・・でも、王様の中には首をはねられた王様も多いのです・・・

このことを考えたときにいつも「王様のレストラン」を思いまします。
ちょっと古いかも・・・

そしてネット社会で頻回に訪れる弱い者いじめのような店員を脅すクレーマー

但し、専門職として、プロとしてやるべきことをやるといった事が前提でなくては誰も耳を傾けてくれないという事は常に肝に銘じておくべきことだといつも思わされます。
posted by 管理者 at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。