2017年10月28日

街路樹

どんどん秋めいてきました。

札幌の気温と恵庭の気温では最低気温で8度も違う事も。

肌寒くなってきました。

外の景色を眺めていると街路樹は赤みを増して季節の変わり目を知らせてくれます。

昨年の秋ごろだったか街路樹が強剪定されたところもありなんだか寂しげな道路があちらこちらにありましたが今年はどうなのか。



施設前にある街路樹の名前を一昨日、聞いたばかりなのですがまたまた忘れてしまいました・・・
木の実が落ちて、街路樹周辺はすりつぶされた跡が残ったりします。

街路樹のメリットデメリットがあり、落ち葉の処理、雨水桝のつまり、車のスリップなど挙げられ賛否両論が巻き起こることも。

実際に街路樹の傍で一生懸命落ち葉を回収されている方も見かけます。

恵庭市のシルバー人材センターでは落ち葉を腐葉土にかえリサイクルしていたりも。

見えないところで誰かが苦労していたりも。

「街路樹」と言えば尾崎豊のアルバムタイトル、楽曲名。

1987年12月22日に覚せい剤取締法違反により逮捕され、復活後の1998年9月に発売されたもの。
当時はまだ、レコードでも売られており、しかもカセットテープでも発売されていたのが印象的。
ウォークマンが売られていたりした時代なので、アーティストの曲をカセットテープで聞いていたりした時代背景。

更に当時驚きなのが、初めてのテレビの歌番組『夜のヒットスタジオ』に出演し、逮捕後の謝罪とともに「太陽の破片」を生放送で披露するという、当時では、インターネットなどなく音楽情報雑誌パチパチ、GBなどでしか情報が得られないアーティストが地上波番組で観られるというから衝撃的な出来事でした。

浜田省吾、大沢誉志幸、岡村靖幸、渡辺美里、大江千里、TM NETWORK,佐野元春、プリプリらもあまり生ではテレビに出演されずに、深夜番組VIDEO JAMなどでのしか情報が得られない時代。

太陽の破片の楽曲は、スナックなどでもレーザーディスクに卒業・アイラブユーとともに数少なく収録されていた有名なもの。この楽曲は「街路樹」に収録されていなかったのが当時では不思議な事でしたが、かくゆう私も修学旅行中にイヤホンで、お寺や大仏、ネズミのキャラクターを無視してじっくりと聴いていたなつかしさが。

ちなみにこの街路樹の楽曲には落ち葉集めが大変だとか、堆肥に使うと良いだとかのメッセージは込められていません・・・




posted by 管理者 at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。