2017年12月10日

またまた行方不明者!?

先日恵庭市sosネットワーク連絡協議会より未帰宅者情報として、
19歳の女性に関するFaxが。

これまで高齢者などのいわゆる「認知症」関連ですが、

『19歳』という情報・・・
164p、65s、茶髪、茶色のコートに黒ブーツ、黒色のリュックサック・・・


これを受けてどうしたら良いのか・・・

施設に不審者を発見し、よく見たら年齢の頃は19歳くらいでリュックを背負っている・・・
そんなシチュエーションでなくてはお役にたてそうにはないのか・・・
たまたま、が起きないと難しい・・・

12月6日から不明ですから大雪を経過したということ。
生存を期待したいところ。


福井県では3歳の男の子が車から忽然と消えたニュースが。
車中に残したまま父親は用を10分ほどたした後戻ると車には誰もいない・・・

未だに車中に小さな子供を残す事例がある事にも驚き。
今から20年以上前に「ゆかりちゃん行方不明事件」というのがありました。
当時4歳の女の子がパチンコ店から忽然と行方不明になるという事件。
この事件もたしかまだ解決していないはず。

警察が捜索する基準って何なんだろうか。

認知症高齢者は捜索されることはなく、たまたま「不審者」として網にかかった場合に、
たまたま見つかるといったケース。
当然、行方不明という事であり事件性は無いといえる。

ただし、本人ご家族にとっては、事件性のあるなしに関わらず「行方不明」という状況には変わりがない。
雪のある地域で行方不明というのは「死」に直結するから単なる行方不明とはわけが違う。

たまたまに頼るのではなく、こういった行方不明者を捜索するために集まったり、画像情報を共有する事を皆で行っていかなくては救えないのではないかと、ついつい思ってしまう。



posted by 管理者 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。