2018年01月12日

八百長

入居者が日中主に過ごされる場所には大型のテレビが。

各階に顔を出すと、テレビから様々な芸能ニュースの話題を報じています。

韓国の慰安婦問題や北朝鮮と韓国による動きなど、日本に大きく影響を及ぼすような話題よりも、

マスコミではいまだに「かけ・もり問題」、そして、

相撲協会の話題。

感覚的には相撲協会側に批判的な感じのニュアンスが。
貴乃花もよくもまあ、組織に対して無言を貫けるものだとある意味感心。
当然、貴乃花としては協会側を信用していないために「反抗」しているわけですからそこらへんは覚悟の上での非協力を貫いているのでしょう。当然処罰も覚悟の上の行動。
組織がおかしくても、理事会メンバーである以上、報告は義務であり、それらを怠たり現時点で事態を混迷させた責任は当然問われるでしょう。
しかし、それらの事など考えたらわかる事ですから貴乃花のとしては別の意図をもって行動したと考えるのが普通。そうでなければ、単なる社会経験の少ない子供にしかなりません。
多分、これから貴乃花の逆襲がみられるのでしょう。

「八百長」

このキーワードは多分、多くの方々がなんとなく相撲の世界にはあるんだろう・・・
と思っているはず。そしてその対極にあるガチンコ相撲(貴乃花にとっては当たり前の相撲)を目指しているモノからすると許されない事。果たしてそれらを証明する証拠があるのかないのか・・・

ちなみに私のお気に入り力士は、服部桜。

posted by 管理者 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。