2019年01月09日

認知症ケアを科学する

認知症ケア。

説得しようとしてそれに応えてくれる利用者ではある意味らくちんと感じてしまう事。

でも、説得が有効ではないケースの場合に、策をもって、根拠を持ってケアにあたれるか。

介護職員という「圧」によってのみでケアにあたっていないか。
その「圧」に屈しない利用者に対して、『認知症だから・・・』という、時に諦めや言い訳をしてはいないか・・・


そんな、どこの現場でもあるような認知症ケアの現場に科学のメスが。

BPSDへの向き合い方、いわゆる何の変哲もないケアの仕方に映るかもしれないが、
それを実践するかしないか・・・

「この言葉を言ったらうまくいく」

決してそんな魔法の言葉など存在はしない。


基本を理解して、基本を本当に実践する事。


興味のある方は是非とも受信料を払い、1/10 22時に観てください。

キャプチャ.PNG
(画像:NHK クローズアップ現代より)
posted by 管理者 at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。