2019年01月11日

要介護5に虐待って・・・

昨夜から朝にかけて、そしてお昼までに降り続く雪・・・

道路には、雪を道路側に排雪する習慣があるのか、普段は広い道幅も狭くなり、ママさんダンプが道路をまたぐ光景があちらこちらに。
雪影が多くなり、車と歩行者がばったり出くわすなんて事も。


女性入居者のQさんは窓の景色を眺めながら『すごい雪だねぇ〜、あれ?今8月じゃなかったかい』と。

施設内はのどかな風景。



昨年の9月に、愛知県にある住宅型有料老人ホームで、60歳代の看護師と介護職員2人が要介護5の90代の男性入居者の
顔をたたいたり、「死ね」などと暴言を吐いたりしていたとして施設の元関係者が警察に相談し発覚、その後書類送検されたとの事。

10月に捜査され、今月に書類送検??ってなんだか不思議な感じです。

男性は昨年の7月に入所したばかり。おむつ交換時に、額をたたかれたり、「死ね」「寝とけ」などと威圧的な言葉を吐かれたりされたよう。

要介護5っていったらほぼ無抵抗な状態だったであろう・・・
これらの暴言をはっしていた証拠動画がのこっており担当を外すとかの次元ではないようなやり取り。


職員に指導ができなかった職場。
そこにももんだいがあったのであろう
posted by 管理者 at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。