2019年01月11日

平成30年1月分

お疲れ様です。1か月お疲れさまでした。

「同僚や新人にどのように伝えるか」。
そんな事を考えながら仕事をすることってありますよね。

急いで仕事をこなす事と利用者本位に仕事を行う事。この二つはしばし葛藤を産む問題ですね。
時間ばかりかけてもいけないし、時間ばかり気にして利用者の思いを無視していたら介護が本末転倒になったり。

指導する際に『早くしなさい』『何してるの』『この間も言ったよね』などと言いたくなる気持ちもわかりますが、
わざとそうしているなら別ですが指導される方も何らかの理由があるモノ。

教えなければならない事は、手順や方法だけではなく「利用者本位のサービスとはこういう事」という介護の基本的な考え方を伝え忘れると、
いつの間にか職員視点での介護になり利用者本位に戻せなくなります。

今一度、『どのように伝えるか』を振り返り、単に好かれる先輩ではなく「尊敬される先輩」を目指していきましょう。
posted by 管理者 at 19:13| Comment(0) | 職員給与時メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。