2019年02月14日

介護報酬改定2019 単位数が・・・こんな…A

短期入所(ショートステイ)事業をご利用となっている方には重要な『区分支給限度基準額』も改定されます。

介護保険被保険者証のに記載されているのですが、認定の有効期間欄の下方に、

期間の他に1か月当たりの単位数が記載されています。

この単位数は介護保険で使える単位数の総枠で、要介護度によって使える枠が違ってくるものです。

要介護度が高くなればなるほど利用できる単位の枠が増えていきます。

【区分支給限度基準額】

要支援1   5003  ⇒ 5032単位(29単位増)
要支援2  10473  ⇒ 10531単位(58単位増)
要介護1  16692  ⇒ 16765単位(73単位増)
要介護2  19616  ⇒ 19705単位(89単位増)
要介護3  26931  ⇒ 27048単位(117単位増)
要介護4  30806  ⇒ 30938単位(132単位増)
要介護5  36065  ⇒ 36217単位(153単位増)


◉基準額の枠が増えましたが、各種サービスの介護報酬単価も増えておりますので
実質、使えるサービス回数が飛躍的に増えるといったものにはならなそうです。

◉区分支給限度額には、サービス提供体制加算単位数、処遇改善加算単位数は含まれません。



※地域密着型特養入所されている方には上記の区分支給限度基準額は適応されません。




posted by 管理者 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。