2019年03月15日

詐欺なのかそれとも通常の営業活動なのか・・・H 「無料求人広告詐欺」と検索してみよう!

またまた、例の話です。


いまだに、不審な求人サイトに当事業所の求人が掲載されている。


全国的にこのような仕組みでの詐欺まがいのことが行われている。


そして実際に、泣き寝入りして高額の支払いを余儀なくされるといった事業所も。


「無料求人広告詐欺」と検索してみると、

様々な相談内容が書かれている。

しかしながら、それらに対する「回答」「解答」がしっかりと掲載されてはいない。


それはある理由がある。
(それは現時点では言えない)



少なからず、言えることは、支払いに応じない場合に詐欺まがいの会社がとる行動としては、


@毎日電話
A恫喝
B訴えると脅す
C内容証明郵便を送ってくる
D請求書を送ってくる



ことしかしない。


一番のポイントである、Bについてだが、
実際に訴えられて支払いに応じたといった話は全くない事実。


相手に、裁判するだけの手間暇かける事はまずしてこない。

何故ならば、これらネット求人広告詐欺の手口は、

3週間、4週間の無料掲載期間を謳っているわけですから、

逆に言うと営業の電話から掲載期間終了までにはその会社にはお金が入ってこないという点。




だから営業マンは大変です。電話を沢山かけてカモを引っ掛けなきゃいけない。
しかも、手間暇掛けてはいられない、月初めに引っ掛けた顧客から、もめることを想定しても1か月後でなければ現金収入にならない。
そして多くの営業マンはたいてい携帯電話で営業してきます。

営業は自宅でもできるのです。
ノルマがあるので営業マンも必死です。


傾向として、都会の会社を狙いません。地方狙いです。
当たり前ですが、求人しなくてはならない土地柄を相手は選んできます。
更には、悪徳求人サイトに掲載している事業所、これから引っ掛けられる事業所に群がり搾り取ろうとしてきます。

この点では、オレオレ詐欺やワンクリック詐欺の被害者特徴と共通していると言えます。


そして、東京から遠い場所を狙います。

これは裁判にかけ、「訴える」事の心理的圧迫を狙っているために、
わざわざ東京に出かけてまで裁判するよりは、和解し支払った方が得だ!と、思わせたい作戦がある。


3週間なり、4週間経過して請求書を送ったり、自動更新については同意したのだから支払いの義務があるなどと追い込みをかけてくるのが営業マンとは別の人物。


そして、妥協案として値引きをして来る。
早く、相手としては現金が欲しいから。



当事業所を引っ掛けてきた会社はその後、音沙汰がない。
訴えるそぶりを見せていたが一向に音沙汰がない。


だからと言って、私は手を緩めず、逆に追い込みをかける。

被害者を増やさないために!



posted by 管理者 at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。